スポンサーリンク

ニュージーランドの物価で食べ物は高い?安い?

この記事は約 14 分で読めます

ニュージーランドの物価、中でもとくに
食べ物につきまして

まぁ実際には高い!安い!色々言われて
いるのですが 笑 (//∇//)

今回は現地で生活する上で気付く事例や
理由も交えながら

具体的に、ニュージーランドの食べ物の
物価についてご紹介しようと思ってます

●ニュージーランドの物価、今と昔

まず・・・ニュージーランドの物価!!
率直にいってあなたはどう思いますか?
(高い・安い)

まぁいきなりこんな質問振られても困る
かもしれないし

今は日本に居てまだニュージーランドに
渡航して無い方にとっては想像出来ない
内容かもしれませんよね 汗

実はほんの数年前・・・

ニュージーランドはこんな風にいわれて
いました!

物価が安い!

治安が良い!

人がフレンドリー!

正に海外移住先の国としては申し分ない
褒め言葉が並んでますよね~ 笑

ここで、治安やフレンドリーというのは
そもそも表現が曖昧なものだし

今回のトピックとは関係が余り無いので
置いとくとしまして物価についてです!

物価は数値として具体的に表現される値
になりますので

日本人がニュージーランドは物価が安い
と声を揃えていってたのは、それ相応の
根拠や理由があった訳です

で、ここで大前提の質問をさせて下さい

そもそも物価が高い、安い、というのは
どんな判断に基づいてると思います?

経済の専門的な内容でいえば別の回答も
有るかもしれないんですが 汗

ここは庶民的に、本当に普通の世間話し
レベルのシンプルな内容で考えた場合

物価が高い・安いって

過去と現在の物価の比較で感じる
  高い・安い

他の国々との物価の比較で感じる
  高い・安い ※為替が大きく関係

だと思うんですよね~

その上で日本の人がニュージーランドの
物価について言ったり考えたりするのは

今の時点での日本とニュージーランドの
物価の比較を意識するのが一般的かな?
というイメージが有ります

※特にまだ移住して無い人は
 過去のニュージーランドの
 物価は知らないので・・・

因みにニュージーランドの物価が安い!
といってた年代は

正に為替がずっと長期で円高だった時代
にあたりまして

食べ物も含めてあらゆる商品・サービス
インフラ等が日本と比べて割安な料金に
映ってました♪(実際の体験ベース)

※ソフトクリーム20円で買えたり
 ガソリンレギュラー60円/L の
 時代でした

ところが現在・・・

僕は今、オークランドに住んでいるので
基本、生活して物価を把握しているのは
ある意味限定的な地域ですが

それでも敢えて地域に依る違いを考慮は
せずにニュージーランドの全体に対して
いってしまいますが 

ニュージーランドの物価が安い!
なんて言ってる人はほぼ居ません 笑 

皆口を揃えてニュージーランドの物価は
日本と比べても高い~!

食べ物もサービス等もこんなに高いとは
思わなかった~!

昔と比べても高い~!と声高に仰ってる
状況を迎えています・・・( ̄▽ ̄;)

●ニュージーランドの物価が高い理由?

なんで、昨今ニュージーランドの物価が
高いのか?

・・・の理由としては、幾つかの要因が
考えられますし

単独の原因というよりかは、物価なんて
いうものは

原因が複合的に絡まっている様なケース
が多いとは思います

ただ敢えて幾つか挙げておきますと・・

人件費の益々のコスト増
  (最低賃金の上昇)

不動産価格の高騰
  (住宅不足、投資物件の高騰)

輸出依存体質
  (国内需要の小ささ)

政権交代・政策転換
  (国民党 → 労働党)

日本から見た為替要因
  (円安)

他にももっと、沢山有ると思うんですが
こういった内容が全て物価が高い原因や
理由に繋がってると思われます

では、次章からニュージーランドで販売
されている食べ物の物価について

具体的にどんな値段なのか?というのを
含めて僕の見解を紹介していきますね

●ニュージーランドの物価の食べ物編

まぁ食べ物、とひとことでいいましても
そこはニュージーランド

幾ら南半球にある人口が500万人にも
満たない小さな島国とはいえ、一応?!
色んな種類の食べ物が存在します 笑

かなり大雑把にジャンル分けしてみても
生鮮食品、加工食品、色々と有りますし

・野菜
・果物
・魚介類
・肉類
・卵系
・豆類
・乳製品
・米、穀類
・調味料
・スナック、菓子類

他にも、それらの冷凍食品という見方が
出来たり調理済みの物も有ったりします

そして、原材料という見方を外しますと
レストラン、カフェなどいわゆる外食の
食事というのも食べ物といえますよね

なので個々で考えると本当色んな商品が
食べ物として存在してるんですが

後で参考に、実際の商品の値段なんかを
紹介させて頂くとして

ここでは先に、ニュージーランドにある
食べ物の物価に対しての僕の見解を紹介
しておきますね

●食べ物の物価に関する見解のまとめ

かなり、主観を交えてまとめていくので
ご了承頂きたいのですが 笑

あらゆるものがこの10年間で本当に高く
なったと感じています

勿論、日本から見るとその時々の為替の
レートで円換算して高い・安いの判断が
変わる部分が有るのですが

過去からの推移という点で見た場合にも
ほぼ全ての食べ物の物価は上昇してると
感じています

何故か?
理由の一つは実はとても明白でして・・

上の章で物価全体に関しての上昇の理由
について書いたのと被るのですが

食べ物って、スーパーや専門店(八百屋
魚屋、肉屋など)で売っているものでも

カフェやレストラン等で提供される料理
でも人件費の影響を大きく受けますが

ニュージーランドの場合レイバーコスト
つまり人件費が近年相当な上昇っぷりを
見せています

※これは日本では全く見られない
 現象ですが、ニュージーランド
 では政策で今後更に上がります

もう一つ、ニュージーランドの食べ物の
物価が高い理由として僕が考えるものに

ニュージーランドの輸出依存体質が有る
とも思ってるんですよね~

例えばどういう事なのか?といいますと
このニュージーランド・・・

皆さんご存知かと思いますが、乳製品が
とても有名だったりします

こんな南の端の小さな農業国ではあるん
ですが、ニュージーランドを代表します
フォンテラという会社

食料品としてでも世界第4位の大きさの
規模を誇り乳製品のジャンルに至っては
世界第一位に君臨しています♪

じゃあ?
そんな会社のお膝元のニュージーランド

乳製品の値段は破壊的に安いのか?って
いいますと・・・

何と、あろうことか??

アメリカに輸出されてる全く同じ商品が
ニュージーランドの商品よりも安い!!

という話しがニュースで報道されまして
一時、結構な話題になりました 笑

そう・・・他の国に送る物流コストとか
管理費とか関税とか?様々なコスト等を
全部足したとしましても

アメリカの膨大な消費量の方が、NZの
ソレを圧倒的に上回って、こんなような
逆転現象を起こしたんだそうです

そして、海外の方が売れますので、益々
商品は外国に流れていき、国内は品薄で
価格が高騰するという ( ̄▽ ̄;)

まぁ全ての食べ物がそうだという訳では
決して無いのですが

ニュージーランド国内の消費量の少なさ
というのは少なからずこの国の食べ物の
物価が高い理由に影響を及ぼしていると
考えられます

●ニュージーランドの食べ物の物価(あるショップの事例)

という事で・・・

最後に、そうは言っても結局の所物価の
高い・安いなんてその人が判断する目安
でしか有りませんので

具体的な事例として、幾つかの食べ物の
値段をニュージーランドドルと円に換算
した値段の両方を紹介して終わりますね

※判りやすくキリの良い所で
 1NZ$=75円で計算

【 野菜・果物 】

■Ginger Fresh Whole
 生姜(しょうが)
 1Kg:$10 (\750)

■Garlic Whole Bulbs
 にんにく
 5個:$2.5 (\187.5)

■Parsley Curly bunch
 パセリ
 数束:$3.5 (\262.5)

■Apples Nz Rose
 リンゴ
 1Kg:$3 (\225)

■Avocado
 アボカド
 1個:$3 (\225)

■Bananas prepacked 6pk
 バナナ
 一房:$2 (\150)

■Kiwifruit Gold
 キウイフルーツ
 1Kg:$5.5 (\412.5)

■Oranges Navel
 オレンジ
 1Kg:$2.5 (\187.5)

■Tomatoes Nz
 トマト
 1Kg:$9 (\675)

■Broccoli Head
 ブロッコリー
 1房:$2.5 (\187.5)

■Cabbage Savoy Whole
 キャベツ
 1個:$4 (\300)

■Capsicum Green
 ピーマン
 1個:$2.5 (\187.5)

■Cucumbers Telegraph
 きゅうり
 1本:$3 (\225)

■Lettuce
 レタス
 1玉:$2 (\150)

■Onions Brown loose
 玉ねぎ
 1Kg:$2.5 (\187.5)

■Carrots loose
 ニンジン
 1Kg:$2.5 (\187.5)

■Mushrooms White Button
 マッシュルーム
 1Kg;$12 (\900)

■Potatoes White Washed
 じゃがいも
 1Kg:$3.5 (\262.5)

【 肉類 】

■Beef Nz Scotch Fillet
 スコッチフィレ
 1Kg:$36 (\2700)

■Beef Sirloin Steak
 サーロイン
 1Kg:$31 (\2325)

■Chicken Breast Boneless Skin On
 鶏胸肉(骨無し皮有り)
 1Kg:$11 (\825)

■Chicken Thighs Skinless & Boneless
 鶏もも肉(骨無し皮無し)
 1Kg:$18 (\1350)

■Lamb Chops Plain Shoulder
 羊肩肉
 1Kg:$13 (\975)

■Pork Chops Shoulder
 豚肩肉
 1Kg:$15 (\1125)

■Hellers Frankfurters
 フランクフルトソーセージ
 1Kg:$10 (\750)

【 魚貝類 】

■Fillets Snapper Skinned & Boned
 鯛(骨・皮無し)
 1Kg:$45 (\3375)

■Fillets Trevally
 シマアジ(骨・皮無し)
 1Kg:$25 (\1875)

■Fillets Salmon
 サーモン
 1Kg:$33 (\2475)

■Aquarius Oysters
 牡蠣
 200g:$15 (\1125)

是非、参考になさってみて下さいね~!

あと、もし他に知りたい食べ物の価格が
有りましたらコメントで聞いて頂ければ
可能なかぎりお答えいたします☆