スポンサーリンク

海外移住の下見、必須チェックポイント(ニュージーランド)

この記事は約 14 分で読めます

海外移住の下見のチェックリスト

今回はニュージーランドに移住した僕が
海外移住の下見の必須チェックポイント
という事でお話しします

ただ、海外移住したい!みたいなことを
考えてる方が

海外移住の下見って本当に必要なコト?
という部分から既に悩んでるって話しも
良く聞きます

※僕も来る前は少し考えていた節も
 有ったりしますし 笑 (//∇//)

まぁ

様々なメディアや人伝いで、みなさんも
情報収集はされてると思いますが

移住計画の中盤か終盤か頃?その目途は
不明ですが、ふと

色んな情報収集はしてるんだけど、実際
自分の目で見て海外移住する国に下見に
行かなくても良いのかな? ( ̄~ ̄;)

みたいな、疑問や不安が湧いて来る場合
だって有ると思います

海外移住の下見の不安

なので・・・

第1章ではまず、海外移住の下見の是非
について簡単に僕の意見を紹介

第2章、第3章で海外移住の下見の必須
チェックポイントを解説するので

必要に応じ第1章は読み飛ばして頂いて
OKでーす♪

後、NZ在住なのでニュージーランドを
想定してお話しします

勿論、海外移住の下見っていう観点では
各国の細かな違いはあると思うんですが

おおよそ、対象がどんな国でも同じ様に
考えれるかなとは思うので

あなたが何処の国に移住を検討してても
是非参考にして下さい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

海外移住の下見、必須チェックポイント

海外移住に下見は必要?

ではまず最初に海外移住の下見は本当に
必要か不要か・・・どっちが正しいの?

というそもそものお話しについて、早速
結論から先に申し上げますね! 

ズバリ言います
正解は有りません!!!! (//∇//)

※ヒドイ~!騙された~!!
 って声が聞こえてきそうです 汗

怒らないで下さいね!! 
本当にコレが唯一の正解の答えなんです

海外移住の下見に正解は無い

例えば当たり前の様に?

海外移住の下見なんて、絶対必要に
決まってるじゃないですか

だって、知らない国に住みに行くん
ですよ?

行って自分の目で見たり調べるのは
当然じゃないですか!

とか言う人も・・・

例えば当たり前の様に?

海外移住の下見って行くだけ無駄に
決まってますよ!

だって下見にどれ位の期間や労力や
費用を掛けるんですか?

そんな程度の確認で、生活や環境の
多岐に渡ったコトを見極めれる訳が
無いじゃないですか!

とか言う人も・・・

両方共に偉そうなことを申していますが
僕から言わせますと

要は、海外移住の下見っていうモノには
両方の側面が有りますので

勝手に必要、必要無いなんて決め付けで
物事を判断しないで欲しいって事です!

※海外移住の下見の必要性ってのは
 その人に依って違うと思ってます

海外移住の下見の必要性はあなた次第

そこで!僕から一つ、良い判断の仕方を
伝授しておきたいと思います 笑

要は海外移住の下見には実はメリットも
デメリットも有る訳です

その事を大前提とした上で・・・

確かに日本から初めて外国の地で暮らす
という事になると

判らない事ばかりなので不安や心配から
まずは先行で下見に行って、と考えます

但し当然ですが、下見に行くには費用も
掛かりますし

滞在する期間の捻出、何処をどう周る?
何を見る?何をする?という計画と手配
実際の労力も必要になって来ます

そして最大の懸念は仮に其処までした!
としても・・・

やっぱり実際に暮らしてみないことには
様々な事を把握するには至らず

せっかくわざわざ下見まで行ったのに?
トラブルに遭遇するなんて事も有ります

海外移住の下見にはメリットもデメリットも有り

つまり僕が言いたいのは

あなたの考えや気持ち、決断が大切です
って事です!(重要)

結局、正解が無いトピックである以上は
自分が行って安心するなら行くべきだし

ある程度覚悟を決め行って暮らしながら
判断して行こうと思えるなら下見は省略
すべきだし

其処では目的も費用も時間も労力も全て
優先順位を決めてから考えてみて下さい

なのでアドバイスとしては、超具体的に
これを下見に行って確認しておきたい!

とにかく行くコトが自分の精神的な安心
に繋がる!という場合なら

費用、時間、労力、他が許すのならば?
全然行って良いと思います

つまり、いずれにせよ、あなたの決断が
正解だという事ですね♪ ( ̄▽ ̄)

スポンサーリンク

海外移住の下見に行く前に

ではここからは、実際海外移住の下見に
出掛ける前に?

下見のチェックの考え方として、大きく
2つに分かれると思うのでその事を紹介
しておこうと思います_φ( ̄ー ̄ )メモ

まずここをハキ違えて海外移住の下見に
ついて紹介されてる方が多いんですが

僕自身はこの下見には2つの種類が有る
と思ってます

一つ目

本当に自分、海外移住しても大丈夫
なんだろうか? ( ̄_ ̄lll)

とか
 
事前に得た情報で、一応はこの国に
決めたんだけど・・・本当にそれで
良かったんだろうか?

という、海外移住する事や外国での生活
“そのもの” に対する不安が有る場合

もしくは、例えば、ニュージーランドに
居住国を決めたんだけど特に根拠が無く

他の候補のオーストラリアやイギリス?
と比較して生の雰囲気を感じたい、実際
自分の肌で確認したい!という場合

海外移住の下見の理由は?

二つ目

移住する国はもう決めました~!!
( ̄∇+ ̄)v キリッ

なので自分が関心がある事を事前に
行って実際に確認したいんです!

という、もう海外移住する事もその国も
ほぼ確定しているという前提で

生活、仕事、住居、環境、交通、治安や
教育など、自身(配偶者、お子さんの他
両親など同居者)に関わる

気になってる項目を現地で確認したい!
なんなら少し手続きしたい、という場合

同じ海外移住の下見とはいっても、実は
2つは似てる様で違ってます

なので!

これを読んでいるあなたは自分の場合は
どっちなんだろう?

目的の国に下見に行って、何を優先的に
確認すれば良いだろう?

という事を出来るだけ明確にしておいて
下さいね

スポンサーリンク



海外移住の下見、必須チェックポイント

ではお待たせしました!

早速海外移住の下見のチェックポイント
についてご紹介していきますね

★下見のチェックポイントの考え方

上記に説明した通り、僕は大きく分けて
2通りのアプローチが有ると思ってます

但し其々に被る部分も勿論ありますので
今回は特には分けず必要だと思う項目を
紹介します

但し、いずれの場合でもあなたが現地に
実際に渡航して

海外移住の下見に掛けれる期間、費用や
労力、その他は有限であると認識下さい

その有限の条件の中で海外移住の下見で
これは外せない!

と考える必須チェックポイントを計11個
ご紹介しておきますね

その国の印象は大事

0.雰囲気、印象

 説明が難しいが、あなたが降り立った
 その国で滞在中に感じる最初の印象?

 合いそうや合わなさそうが有るならば
 その曖昧な事も考慮しておく

1.気候(1日の気温、四季の気温等)

 寒い、暑い、湿度、などは体感で!
 雨季乾季の有無や台風、竜巻の有無

2.物価(物、サービスなど)

 生活必需品で日本と比較をしてみる
 (スーパーには一度は行くべき)

 自分が関わるであろうあらゆる事・物
 が対象になる

3.交通の便、交通量

 公共交通機関の有無、種類、仕組み等
 マイカー度合いや渋滞具合なども
 (都心部・郊外分けて)

4.使用言語の難易度

 生活圏での移民の有無(多さ)
 移民への言語教育の充実度

家賃や立地環境もチェック

5.家賃、光熱費の概算

 滞在中に経験できるのなら体験
 聞けるようなら自分の家族を想定した
 対象を参考にしてみる

 ※レントかフラットで大きく違う

6.治安に関して

 繁華街、住宅地、観光地、昼間、夜間
 実際の確認は中々難しいと思いますが
 話しを聞く事も価値あり

7.日系サービスの有無

 あなたの必要に応じて、となりますが
 ニュージーランドを含め海外の国では

 日本食材店、日本食レストランなどは
 比較的容易にアクセスができる都市と
 そうでは無い都市に分かれます

 ※食に関してだけでなく、車の修理
  美容院など含めて考慮して下さい

8.学校の有無、評判、教育方針など

 お子さんがいる場合その国全般として
 考えるよりも

 候補の地域を絞って対象となる学校を
 想定して確認する方が良いと思います

 学校がゾーン制の場合が有りますので
 学校を決めてそのゾーンに住むのか?

 住んだ近隣の学校に通わすのか?等の
 優先順位を決めておく必要が有ります

移住で子供に関わるコトは多い

9.病院の有無やアクセス、専門医関連

 基本、どんな国でも都心部の方が郊外
 より病院の施設は充実し数も多いです

 又、あなたに既往症が有る場合などは
 専門の病院についての確認も必須です

10.仕事の有無、通勤のアクセス等

 これも、特に仕事や職場優先で考える
 場合のみですが

 あなたの専門職がある地域にしか無い
 という場合なら、当然考慮する必要が
 有ります

という事で、細かい内容に関しては省略
致しましたが

大項目といいますか、大枠でこれだけは
外せない大事な内容を列記してみました

様々な費用は十分考慮する

勿論、海外移住したとしても、あなたが
普段の生活で重視するような習慣の事や
趣味の事など?

個別に現地で確認したいことが有れば?
事前に調べておいて、渡航後段取り良く
確認出来る様にしておくべきです

いずれにしましてもこの海外移住の下見
というモノは

行っても良いし、行かなくっても良いし
という代物です 笑

状況に依ってはあなたが行きたくっても
行けないのかも知れないですし

お金も時間も無いけど、行っとかないと
不安なので行く方向で考えてる、のかも
知れないです

気持ち以外の要素も大いに関係する内容
ではあると思いますが

是非、後悔だけはしない様にじっくりと
考えて決断されて下さい

あなたのその決断は正解ですから♪☆