スポンサーリンク

ニュージーランドへ移住する事のデメリットとメリットとは?

ニュージーランドへ移住する事における
デメリットとメリット・・・

まず最初に誤解の無いように申し上げて
おかないといけないと思うんですが

このデメリットとメリットって絶対的な
モノではないんですよね~

Aさんにとってはデメリットなんだけど
Bさんにとってはメリットでしかない!

みたいな感じで両極端ですが、正反対に
受け止めれる内容のモノだってあります

※内容にも依ると思いますが

なので、僕がココに書くことで「それは
デメリットなんだ~!」

とか「メリットなんだ!」とは安易には
受け止めないで下さいね 笑

僕としてはココに書くことで「あなたに
とってはどうですか?」っていう疑問を
投げかける意味で書きますので♪

という事で冒頭、一応のお断りを入れて
おいたうえで!

早速ニュージーランドに移住するコトの
デメリットとメリットについて思うまま
書いてみたいと思うのですが

ここで、一つ!大事な視点としましては

ニュージーランドに移住する事における
デメリットやメリット・・・

という事を日本人が考えるという事は?

日本から海外に移住するコトって
  どうなの?

外国の中でもニュージーランドを
  選ぶコトってどうなの?

と言う様な2つの視点で見るべきさだと
思うんですよね~ ( ̄▽ ̄)。o0○

特に、あなたが今現在、海外移住を検討
されているとしましても?

・本当に海外に移住しようか?
 けど行くに当たっては色々と
 まだ問題があるしな~

という所で思い悩んでいる状況なのか?

・海外移住する目途は立てた!
 後は何処の国に行くかだけど

という段階で悩んでいるのとではやはり
気になるポイントも微妙に違って来ると
思うんですよね

今回は両方を敢えて分けて解説する事は
しませんが

良かったら、あなたの今の状況に照らし
合わせて読んで頂けたらと思います!

●ニュージーランドに移住することの
 デメリットを考えてみる

メリットよりもデメリットの方が関心が
高いと思うので 笑

先にニュージーランドに移住することの
デメリットを考えましょうか 

これは15年間住んでみて(共感は得られ
なくても)個人的に思う事だったり 

自分はともかく、周りの在住者(日本人)
の方から直接聞いたり、マタ聞きしたり
したものを挙げてみますね

▼デメリット1.

公共交通機関

ニュージーランドに渡航をして来る前は
先進国というものは多少の差はあっても

ある程度は整備されてる公共交通機関の
システムが機能していると思ってたけど

この国は基本、自動車に頼っているのが
現状でして、鉄道やバスは都心部ででも
網羅性を欠いてるし

少し郊外に出たり、大都市以外の場所に
なってくるとほとんど機能していません

※特に電車は・・・無い!

又バスの遅延はおろか電車の遅延も多く
仕組みとしての管理体制は整ってるとは
言いがたいです

街中やモーターウェイの道中で故障した
バスがよく停車してる光景も印象的です

▼デメリット2.

自営業から見るマーケットの小ささ

特に、ニュージーランドに来て自営業を
考えてる方に知っておいて貰いたい事は

さすがに人口約1億2千万人の日本の国と
人口約460万人のニュージーランドでは

数字上の事だけでは無く、実感としての
マーケットの小ささが意識されるという
ことがあります

勿論、業種・ジャンルに依り様々ですが
特にネットも含めて、商圏を国内全域に
広くお考えのビジネスを検討されてる方
などはご注意ください

広告費を掛ければリターンが返って来る
という数の論理がそもそも機能しないと
お考え下さいね

▼デメリット3.

消費者から見るマーケットの小ささ

先程の内容と関連する部分はありますが

やはり人口が少ない事に加えまして更に
農業・観光業・畜産業等に力を入れてる
ニュージーランドですので

生活に関わる様々な商品も輸入に頼って
いるのが現状です

つまり?輸入に頼っていて、且つ人口が
少ないという事は、コスト競争力が全然
ありません 笑

際立った所で言うとプラスチック製品や
紙製品、家電製品などなど・・・

衣装ケースや文房具など、量産性のある
プラスチック製品というと色んなモノが
有ると思いますが

あらゆるものが、見てびっくりの価格で
販売されてます

ティッシュなんて、ニュージーランドの
1箱の価格で日本なら5箱以上は買える
お値段だったリ

なので・・日本のポケットティッシュは
貴重なんですよね~ 笑

▼デメリット4.

肥満大国ニュージーランド

余り知られていない事かもしれませんが
ニュージーランドは子供も大人も肥満の
問題が蔓延しています

その実情としましては経済協力開発機構
(OECD)の調査に於いて

世界中で最も肥満の人が多い国の第三位
という結果が発表されていることからも
明らかなのですが

驚くべき事としては、この調査に於ける
ランキングで肥満の多い国の栄誉に輝く
という事が・・・

何と11年連続・・・( ̄▽ ̄;)
 
公園で遊んでいる子供やウォーキングの
最中にすれ違う大人達の手に持たれてる
飲み物は

ミネラルウォーターでも無くスポーツ・
ドリンクでも無く、1.5Lペットボトルの
炭酸飲料というのはよく見る光景です

▼デメリット5.

紫外線

一般論で、ニュージーランドの紫外線が
日本の7倍以上ある!と言うことをよく
聞いていました

ただ・・・正直・・・だから何なの?と
いう気がしてた事はあります 笑

自分は男なので、肌に関する系のことを
それ程気にして無かったんですが

コレ!女性も男性も関係無く結構深刻な
皮膚がんの問題につながります

この件はニュージーランドで結構大きく
取り上げられていて

毎年夏になると注意喚起のテレビCMが
大々的に流されています

ですが、どれ程注意が浸透してるのかは
疑問ですね

カフェをしてた頃も、高齢のお客さんで
夏場、露出度の高い服を着られてる方が
多かったのですが

皆さん、肌がボロボロ ( ̄_ ̄lll)
あの肌を露出する感覚は僕には謎でした

▼デメリット6.

果物

果物が、日本のモノと比べると平均的に
美味しくない!

あまり差が無いかな?と思われるリンゴ
オレンジに対しまして

桃、スイカ、メロン等はそれなりに差を
感じれると思います

日本にいた頃、果物って、海外から輸入
してるモノが多いイメージが有ったので

外国に行けばかなり美味しいのかな~?
と勝手な想像をしていましたが・・・

日本の農家の皆さん、ごめんなさい!!

日本の商品開発とか品種改良の技術力を
あなどってました~ (≧▽≦)

日本の桃・・・
本当、ニュージーランド人に一度食べて
もらいたいです

▼デメリット7.

子供の教育

子供の教育なんて学校単位、先生単位で
変わって来ますし

そもそも、教育システムも違いますので
色んなデメリット・メリットを感じ易い
項目なんですが

かなりざっくりとした言い方でいうと?
日本では協調性を大事にする方針なのに
対しまして

ニュージーランドは個性を伸ばす方向に
重きを置いてるイメージがあります

当たり前ですがどちらも大事な事ですし
どちらが良い!という話しでもないとは
思うのですが

程度の差であったり?日本の人に元から
備わってる協調性を重んじる価値観から

学校内やママ友同士でもトラブルに発展
することが有ったりします

▼デメリット8.

1日の気温の変動が激しい

ニュージーランドも日本と同様、年間で
考えた場合に四季が有るとされています

まぁ、ニュージーランドの場合は日本と
比較すると、それほど顕著な四季という
訳ではなくて

夏の暑さ、冬の寒さは気温的に考えても
マイルドな気候だと思います

※その良し悪しは別として

問題は・・・1日の気温の変動幅です!

ニュージーランドと日本の大きな違いと
しまして

日本が大気の温度自体、全体的に気温が
上がったり下がったりするのに対し

ニュージーランドは太陽光が当たってる
箇所だけ暑い(熱い?)と感じる傾向に
あるんですが

その事も有って、冬場でも日中は暖かく
夏場でも朝晩は冷え込んだりします

つまり、一年を通じて1日の中でかなり
気温の変化を感じるのですが

コレ、身体には実は良くありません!

変な例えで恐縮なんですが、家電製品の
出荷前に熱衝撃試験というモノが有って
・・・ソレと同じです 笑

▼デメリット9.

プロフェッショナルなお店が少ない

これは、逆説的にも捉えれる典型的な例
かもしれませんが

ご存知の通りニュージーランドは世界で
トップの起業のしやすい国!という調査
結果があるのですが

※世界銀行調べ、3年連続第1位

移民がとっても多いニュージーランドで
起業がし易いとなれば・・・

当然・・素人がビジネスに参入してくる
ケースが何処の国よりも多くなります!

 ★実例:僕がそうなので(//∇//)

これは消費者目線で考えた場合、やはり
どうなのかな?という部分は有ります

日本で考えていただくと判り易いですが
当たり前のようにビジネスは競争社会で

例えば飲食業なら、店として美味しさの
スキルUPは必須でしょうし

メニューの充実を図りながらライバル店
との価格競争もあって

カスタマーサービスを考えながら店員の
教育も必要だし、お店の内装なんかにも
気を配らないといけません

これらは全て競争なので負けて行く所は
だんだん売り上げも落ちて、最終的には
店をたたむ事になると思います

この仕組みは、ニュージーランドだから
と言って同じでは有るんですが

競争がぬるい!┐(  ̄ー ̄)┌
と、申し上げておきます 笑

●ニュージーランドに移住することの
 メリットを考えてみる

ここまで散々ニュージーランドの悪口を
書いてきましたので?

ニュージーランド政府に睨まれないかな
・・・と、心配はしてないのですが 笑

今、この記事を丁度読んでいるあなたが
・・・この国って実はやばいカモ・・・

と過度に悲観されてたとしたらちょっと
憂鬱かもしれません ( ̄_ ̄lll)

まぁ何度も申し上げて恐縮するのですが
僕がこの記事を書く意味は

あなたを凹ませるためでも無く、勿論!
意味も無く舞い上がらせる為でも無くて

気付きを得て欲しいという想いから色々
そのTipsを書いていますので♪

という事で今度はメリットの方も淡々と
書いてみたいと思いまーす

▲メリット1.

年間を通しての気候が温暖

これは同じニュージーランドとは言えど
地域によって異なるので

一概には言えず、ケースバイケース有る
内容なんですが

少なくとも僕のいるオークランド市では
元、日本で住んでました神戸と比べても

冬:圧倒的に寒くない
夏:圧倒的に暑くない

という気候になってます

まぁ・・・正直言うと、長年住んでると
だんだん慣れて来ますので

冬になると寒く感じますし、夏になると
暑くは感じます (//∇//)

※気温は日本とは全然違うんですが
 やはり季節の移り変わりを経ると
 寒暖を普通に感じます

※後、僕はとーっても寒がりなので
 寒さにはかなり敏感だったり

まぁ体感的には年々変わって来る部分は
有りますが

少なくとも気温では日本より過ごし易い
夏と暖かい冬だと思います

▲メリット2.

起業のしやすさ

ハイ!正にデメリットの9.で書いた内容
そのまんまの裏返しになります 笑

これは正に、僕の話しになってしまうの
ですが・・・

消費者目線では無く、経営者、もしくは
これから起業しようと考えてる人の立場
からいいますと?

やっぱりこのニュージーランドの起業の
しやすさが有ったからこそ出来た事実が
有りまして

僕自身、もし日本でなら?と仮定したら
カフェを経営する事も、起業するという
ことすらも今考えても全くムリです

・手続きの簡易さ
・ビジネス売買の環境の整備
・競合のゆるさ

他にも、大小さまざまな要素が加わって
初めて素人の自分でもやってみようかな
と思えれる状況になったので♪

英語がダメで普通の就職がキツイ人には
生活の糧を得れる手段が有るというのは
大きな意味が有ります

▲メリット3.

年金受給の容易さ

ご存知の通り?日本は年金問題に揺れて
いる状況です

それは受給額の問題であったり、受給の
開始年齢であったり、データ消失問題や
不正受給などもあるとおもいます

まぁそれ以前に年金制度が破たんすると
言われていたりもいます

それと比較したニュージーランドは少し
異常とも言える状況なんですが・・・

年金に対する払い込みは一切無く年金が
もらえます・・・例え移民であっても

※永住権・市民権保持者、と条件は
 付いてしまいますが

これは、僕の個人的な意見としましては
財政上大丈夫なのかな~って心配になる
ぐらいの話しです

そもそもネイティブからすると、こんな
制度に反感はないのかな?とすら思って
しまいます

▲メリット4.

医療費の無償化

厳密に言いますと、最初に掛かるGPでは
初診料が掛かりますし薬代も掛かります
歯科に行けば対象外という事も有ります

又他にも医療費無償に伴う様々な問題も
有ったりしますので、一概に全て良い事
という訳でも無いかも知れません

ただ、やはり無償という事のメリットは
有ると思ってます

実際僕も数年前に、ニュージーランドに
来てから初めて専門医のお世話になる事
と相成りました 笑

お腹に石が出来てしまったんですが 汗
初めての出来事で・・・本当大変でした

レーザーで石を粉砕するんですが、一度
では完全に砕けれなかったんですよね~

まぁこの医療体験?で、幾つかの検査を
したり、2回も手術をしたり、泊まりで
入院したり、入院食も頂いたんですが

全部ひっくるめて無料でした!

あっ!手術の際には、日本人医療通訳を
病院側が付けてくれたんですが、それも
含めて無料でした

本来、全部で幾らほどかかってたのか?
知る由もないのですが、結構するのでは
ないのかな?と想像してます

▲メリット5.

不動産価値の安定

安定という書き方をしていますが実際は
上がり続けています

不動産というモノは勿論、様々な周りの
環境の変化で価値は変わりますが

基本は新築の購入時が一番高くって後は
だんだん下がって行くモノだと思います

勿論、土地としての価値と家屋としての
価値は別なので

土地を更地にして、新しい家屋が建てば
別の価値を生むという事はありますが

で、ニュージーランドの場合なんですが
5~10年レベルの長いスパンの平均的な
見方をすれば

基本、上がり続けています 笑

※波は勿論有りますが

ボロぎる家、汚れきった家、築100年を
超えてそうな家・・・

ネガティブな要素満載の家が立地が良い
というだけの理由でミリオン単位の値段
が付いている様な状況です

移民の受け入れに大きく影響を受けると
思っていますが、完全に絶たない限りは
緩やかに右肩上がりかな・・・と

後、この国の不動産売買の仕組みが確立
していることは凄く重要なポイントだと
思っています

▲メリット6.

最低賃金の高騰

これは雇用主側の立場からはデメリット
でしかない法制度ですが

今回は雇用者側の視点からのみを書いて
おきますので、逆の面もご想像下さいね

最低賃金の法律は、何処の国にも存在は
してる所が多いようですが(日本も有る)

その額に関しましてニュージーランドは
年々上昇の一途を辿ってまして

その上がり方が他国の追随を許さない程
急激にあがってます

これは上で書いた雇用主側からみた視点
以外の考え方からしても、様々な問題を
はらんでると思うのですが

一つの切り口として・・・

専門スキルや語学力が乏しい様な移民が
滞在の当初働く上で

法的に最低賃金が制定されてる事自体は
価値があると思います

▲メリット7.

時間にルーズ

捉え方によっては大きなデメリットとも
いえるこの内容

当たり前ですが、良く無い事です! 笑

ビジネスの場では許されない話しですし

百害有って一利なし!とはこのことかも
しれません

しかも勿論、人や環境に左右されますし
何も確固たる統計データみたいなものが
ある訳でもないです

ただ・・・体感として
プライベートでも?ビジネスの場でも?

この国の人は時間にルーズだと思います

注:何となく平均的に、日本と比較した
  イメージで♪

日本の方でその風潮が余りにも合わずに
悩む・帰国する方もいる位です

そして、僕自身はこの感覚が・・・
肌に合ってる様なんです (//∇//)

良い事ではない!というのは判ってるん
ですけどね~

▲メリット8.

移民フレンドリーな国

ヒトさまのサイトをたま~に拝見したり
していますと?

・日本人だから差別されるのでは

・アジア人だから差別されるのでは

みたいな書き込みを見たりする事が有る
のですが

1.まず、自身ではその経験が無い

2.直接でも聞いたことは無い

というのが実情です

ではニュージーランドにそういった差別
が無いのかというと?

コレは僕の想像なんですが、個人的には
無い訳がないんじゃないのかな?

っと想像します( ̄▽ ̄)。o0○

※色んな環境に色んな人がいる訳で
 ごく自然のことの様にすら思います

これ、何処の国でも何処の街でも関係
なくて、全ての環境に言える話しだと
思うんですが

ケースバイケースです!
(当たり前ですが)

そして差別では無くて、例えば英語力が
乏しいことに依るコミュニケーションの
不足が招くトラブル・・・

こんなのは日常茶飯事だと思います

で、言いたい事は、そんな事もぜ~んぶ
ひっくるめて

ニュージーランドは移民に優しい国だと
思っています

平均的に人として・・・と、いう部分も
有るのですが

制度としても、移住してくる人達に対し
ニュージーランドで快適に暮らせるよう

無料で学習出来るプログラムが色々用意
されていたりします

▲メリット9.

ニュージーランドへ移住するメリット!
最後は・・・

ソレ言ったらお終いでしょう?みたいな
内容で恐縮なんですが 汗

人生の再スタートが切れます( ̄▽ ̄)

イヤイヤ、それってニュージーランドは
関係あるの?というか

海外移住する事が関係あるの?って話し
の様に受け止められるかもしれませんが

またまた、僕の個人的な意見になるので
恐縮なんですが、まぁ聞いて下さい

別に、人生やり直したい人だけが移住を
考えたり、滞在を検討したりするのでは
無いと思うんですが

何かしらの非日常的な体験をしたくって
ニュージーランドにいらっしゃるという
かたはいると思います

これは僕の場合ですけど・・・

会社を退職して結婚して、さぁこれから
何かに頑張ろうという時に

意思の非常~に弱い自分の力では絶対に
踏み出せはしなかったであろう「1歩」
というモノを

場所を変える、環境を変える事によって
踏み出すことが出来ました!

 ※所変われば品変わる!みたいな
  ・・・ちょっと違う? 

勿論、ニュージーランドでは無くっても
それこそ海外移住で無くてもきっかけは
どんな事でも良いとは思うんですが

ニュージーランドに移住をすることって
そのきっかけと環境の両方が用意された
イベントだったと思います

なので、これを読んでるあなたにも・・

別に永住権とか、長期滞在には関わらず
ニュージーランドに滞在して欲しいな~

っと、強く思ってる次第です☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする