スポンサーリンク

ニュージーランドへ移住するのに資格は必要?のウソと本当

ニュージーランドに移住するのに資格は
必要なのでしょうか?

端的に、しかも、あっさりと答えるので
あれば・・・答えはノーです

だって、僕はなんの資格も持たないまま
ニュージーランドに移住してきたので♪

ただ、こういった質問に対しこう回答を
するだけでは身も蓋も無いですよね 汗

なので、今回はニュージーランドに移住
するという事とそれに関わる資格という
内容のモノ・・・

これを順番に、それから色んな角度から
考えてみようと思います

●ニュージーランドに移住する時の資格・・・しかく?

まず、そもそもなんですが・・・

ニュージーランドも含め日本から海外に
移住を希望されている方々が

仕事、という側面から気にされてる事の
一つに資格というものが有ります

資格:qualification でしょうか

これは僕も実際日本に一時帰国した際に
聞かれる事が何回か有った内容の一つに
なります

後、僕が思うに・・・ですが、皆さんが
気にされている資格という言葉には

もう1つのニュアンスが有る様にずっと
感じていました( ̄▽ ̄)。o0○

それは、皆さんとお話ししている最中に
アレ?って思うことなんですが

ニュージーランドに移住する事もしくは
永住権を取得する事

そういったことを、政府?公的機関?に
許可して貰うために「何らかの資格」が
必要なのでは?

って思っておられる方が、意外に多いの
ではないかな?という事なんです


恐らくまだ具体的には永住権だとか
ニュージーランドに移住することを
調べてはいなくて

何となくイメージで資格の必要性を
想像されてるんだと思うのですが

つまり!

僕が日本に帰った時にお話しをした時の
印象では

皆さんが思われてるニュージーランドに
移住することに関わる資格というのにも
2つあって

ニュージーランド移住する際には
  どう言った資格を取得しておくと

  仕事や就職に有利ですか?という
  ような内容が一つ

ニュージーランドで永住権を取得
  する際に必要な資格は有りますか
  というような内容が一つ

みたいな感じですね

で、先に後者の方については回答をして
おこうと思うのですが

ニュージーランドの場合、移住をする事
自体に必要な資格という様なものは無く
様々な条件を満たすことが全てなんです


条件を満たす事と資格を混同しがち
かもしれせんが、あくまでも何かの
資格は必要はありません

まぁ永住権自体を資格と捉えたり?
IELTS のテストをそうと考えたりも
出来なくも無いので、紛らわしいと
いえば確かに紛らわしいですが 汗

なので今回は前者の方の、仕事に関わる
資格についてのお話しをしていきます

前者の資格とは結局ニュージーランドに
移住後の、仕事やビジネスの準備の話し
としまして

資格が自分にどの様に関わって来るのか
という内容だと僕は受け止めてます

そこで!

なかなか一概に説明するのは難しい話し
なのですが

今回は僕の資格に対する個人的な考えを
ご紹介しておこうと思ってます♪

●ニュージーランド移住に必要な資格

日本の皆さんが資格のことを気にされる
という背景には

当然なんですが、現在の日本の資格社会
という現実が有ります

一事が万事そうでは無いと思うのですが

会社が人を雇用する場合や既に雇われた
社員の賞与や昇給など・・・

あらゆる人事考査に対しこの資格という
ある意味、客観的な材料が大なり小なり
利用されていると思います

当然雇用者側としましては自分の立場を
有利にする為にも(不利にしない為にも)
それを取得することを意識します

其処には、資格取得に至るプロセスでの
知識の吸収という意味はほとんど無く

単に形式的な名義の取得・・・といった
ケースも考えられます

僕の感想ではありますが、この資格社会
というこの様な状況は

資格を提供する側が作り上げてるだけの
悪しき環境みたいな認識なのですが 

まぁここでそんな事を吠えてみましても
何もなりませんし

事実、日本ではこの流れが止まる気配は
まったく有りませんよね ( ̄_ ̄lll)

なので話しを元に戻しまして 大汗
(脱線、スイマセン!!)

ニュージーランド移住での仕事を考える
場合でこの資格というのはどうなのか?
という話しですが

僕はある意味では、ニュージーランドの
殆んどの職種に対し、精通する程の理解
はしてはいないって思っていますので

※カフェを4年ほど経営しただけなので

どの様な職業・職種であれ「この資格を
持ってれば世界共通で認識をされていて
且つ評価される!」といった知識を全く
持ち合わせてません( ̄▽ ̄;)

※全然自慢出来る事じゃないですが
 正直・・・持ってません

で、そういったことを前提として敢えて
申し上げるとしたならば

僕の経験からは、残念ながら、殆んどの
日本で取得するいわゆる日本固有の資格
という名の肩書きは

海外では役に立たない!!という認識で
います (* ̄ノ ̄)/Ωチーン  

但し誤解の無いように申しておきますが

世界共通に開催されている資格や
  サーティフィケートと言うものは

  大学進学や、永住権取得の際には
  世界で同様に評価されます 

  例:IELTS、TOEIC等

永住権取得などで大学卒業などを
  資格と考える場合は、学歴の類も
  同様に評価されます

ただ上記の内容は進学やビザ関連の話し
であって、仕事やビジネス就職・求人の
話しではありません

ニュージーランドでの就職や求人などを
考える上での

移住元(出身国・母国)の資格っていう
ものは

例え、それが高度な知識や技術を要する
資格であっても

日本国内では非常に高い評価の資格でも
役に立たない事が多いとお考えください

ニュージーランド移住における、資格の
重要性とは

その渡航国での教育課程の卒業の資格や
専門的な資格

そして何よりも経験やスキル(技術)が
大きく大きく優先されて、考慮されると
お考えください

勿論、一つ勘違いして欲しくない事実と
しまして・・・

日本の資格がその肩書きとして通用する
評価される、という事はなくとも

本来の意味である、その資格取得の過程
における知識や経験と言う学びは

ニュージーランドへ海外移住後の仕事や
ビジネスに於いて役立つに違いないです

特に僕が思うのは、ニュージーランドへ
移住後に・・・

今迄日本で就労してきたどんな内容とも
違う、全く新しい業種、業態での仕事を
お考えの場合などには

敢えて日本でそういった資格を取得して
おくという手段も、かなり戦略としては
有意義な方法だと考えます Ψ( ̄∇ ̄)Ψ


ニュージーランドに移住すると言う
その契機が、そう言った事も可能に
したります

日本では有り得ない発想かもですが
僕もそのパターンで、全く未経験の
ビジネスを起業しましたので 笑

何故そんな風に考えるのか?という理由
としましては・・・

資格社会の日本ならではという環境で
  世界的にも例を見ない程様々な資格の
  バリエーションが揃っているため!

サービス先進国である日本ならではで
  各ジャンルの内容が、実はひじょうに
  体系的にスマートに学べるため

日本語で学べる 笑
  (最後のは、敢えて英語が苦手な僕に
   かなり特化した理由ですが 汗)

と言うことで、資格と言うものの目的の
考えかたに依っては・・・

それが役に立つとも言えますし、役には
立たないとも考えられますよね


知らない未知の内容の学習補助という
意味合いと

専門分野の延長線上にある学習という
意味合いでも違いますし

資格が広く認知されていて資格習得が
そのままイコール採用の可否や昇給の
是非に関わるのか?関わらないのか?

でも、また大きく違います

なので、もしニュージーランド移住を
想定された資格の取得を御検討なので
あれば

一度その目的を改めてじっくり考えて
みるのも良いと思いますよ♪

では!最後にニュージーランドに移住
してきて実際に就職された方に聞いた

「肩書き!」としてではなくあくまで
ニュージーランドで実務にも役立った
と言われた資格を紹介しておきます♪ 

★日本語教師
★ネイルアートデザイナー
★調理師
★美容師・理容師
★公認会計士
★日商簿記
★PADIインストラクター
★リフレクソロジー
★旅行業務取扱管理者
★旅程管理主任者
★フードコーディネーター 
★貿易実務
★WEBデザイン
★PHP技術者 
★ペットビジネス
 (ドッグシッター、トリミング)

注:他にも実際に聞いてないだけで
  事例はもっと有ると思われます

注:これらの資格を取得したお陰で
  就職、就業出来た訳では無くて

  勿論ですがご本人たちの語学力
  専門知識、その他の理由が就業
  に繋がっている訳で

  資格は補助的なモノ、実務上で
  役立つモノと認識下さいね♪

参考になさってみて下さいね~☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする