スポンサーリンク

ニュージーランドで宿泊費を格安に抑えるベストな方法を探る

ニュージーランドに限らずの話しですが

海外旅行に出掛ける際の費用という面で
考えますと?

勿論、人に依ってその旅行の内容自体は
千差万別、違ってきますので

スケジュールの中に特殊な費用がある!
というケースはまた別なんですが

ごくごく一般的なことを言えば!

渡航費と宿泊費という物が全費用の中で
抜きん出てかさむといいますか、割合が
大きなモノになるとは思います

※つまり高い!ってコトですね 笑

これは渡航費(航空チケット代)の方で
言いますと

費用に影響を与える項目という点からは

・渡航する日時(シーズンや曜日等)

・直行便か経由便か

・航空会社

・座席のグレードの種類

などが該当しますが

目的やスケジュールが決まってる中での
渡航手段の選択という意味では

選択肢の数が多いとは言いづらいかな~
と言うイメージです

・何のために行くのか?という目的も
・限られた時間というのも

通常は変更が効かないものなので

おのずとそれに見合った様な渡航方法=
チケット代も決まって来る感じですよね

ではそれに対して宿泊費の方はと言うと

ニュージーランドには日本とは又違った
宿泊施設のバリエーションと言いますか

単にホテルが沢山有ります、という意味
ではなくって

アコモデーションの種類が豊富に有って
実は・・・選択肢は多いです

勿論、格安から高額な所までその種類は
ピンキリですし

そのクオリティーというモノはおおよそ
費用に見合っているのが普通なんですが

費用面から見るニュージーランド独特の
宿泊施設の種類を頭に入れて滞在方法を
検討するという事は

宿泊費を格安に抑える事・・・ひいては
その旅行全体の費用を抑える事に繋がる
と思うので

是非、ここに書かれてある内容は一通り
チェックした上で

納得の行く格安の宿泊施設を探してみて
下さいね♪

●ニュージーランドでで宿泊費を格安に抑える宿泊施設の種類とは?

まずはニュージーランド独特の宿泊施設
の種類の違いから

宿泊費を格安に抑える方法を考えたいと
おもいます

上でも触れた通りの話しになるんですが
ニュージーランドには幾つか宿泊施設の
種類の違いというモノが有りまして

その種類の違いによって、通常は一定の
費用の差やグレードの差がある・・・

と考えられてますので、まずそれを先に
説明いたしますね

ただ、立地、築年数、設備、規模などに
応じて、個々の宿泊施設には勿論費用に
大きな違いはあります

今回は一般的、平均的に言えばとお考え
下さいね

ニュージーランドの宿泊施設の種類

≪格安順≫

Backpackers(バックパッカーズ)

ニュージーランドで最も格安な宿泊施設
の代表格

Dormitory(相部屋)も個室も備えてる
ところが多いですが

Dormitory=ドミトリーの費用の格安さ
は半端ではありません 笑

ニュージーランドでバックパッカーズ
の宿泊施設を探す場合

以下の二大派閥?をチェックするのが
早道だと思います

YHA(世界規模の団体)

日本を始め世界中に加盟団体があって
知名度は抜群

★YHA New Zealand
WEB:https://www.yha.co.nz/

BBH(ニュージーランド最大)

宿泊施設の数、マイナーな地域の網羅性
どれを取ってもスバ抜けています

★BBH
WEB:https://www.bbh.co.nz/

~ 参考 ~
日本語でのYHAの解説動画

Holiday Park(ホリデーパーク)

元々テントやキャンピングカーの設備を
提供する宿泊形態のイメージですが

キャビンやバックパッカータイプの部屋
モーテルのようなキッチン付きの個室も
あります

車中泊を前提とした様な宿泊方法を探す
場合ならまず候補の筆頭に挙がって来る
と思いますし

ニュージーランドではバッパーと並んで
かなり格安の宿泊費と言えます

★Holiday Parks New Zealand
WEB:https://www.holidayparks.co.nz/

Bed and Breakfast
 (ベッド&ブレックファースト)

通称、B&B といわれる独特のスタイルで
その名の通りに寝床と朝食が用意された
アコモデーション

他のどの形態とも違い、家のオーナーが
ホストとなって世話してくれるケースが
多いので

コミュニケーションを取る機会がかなり
多いとも言えます

宿泊費は、若干、高めの料金設定ながら
プライベート感満載なので

このスタイルで格安を探す日本人も多い
と聞きます

★New Zealand Bed & Breakfast
WEB:https://www.bnb.co.nz/

Bach(バッチ)

少し聞き慣れない言葉かもしれませんが
イメージとしては

貸別荘、ホリデーホームと言ったところ
でしょうか

今でいう所のAirbnb (エアビー&ビー)
の先駆けのようなもので

この形態自体は実はニュージーランドで
古くからあるものなんです

基本家を丸ごと借りますし、物件として
豪勢なモノが多かったりしますが・・・

シーズンオフだったり、そんなに人気の
無いエリアだったりすると思わぬ格安の
物件に出会えます

★bookabach
WEB:https://www.bookabach.co.nz/

如何でしたでしょう?

このような感じでニュージーランドでは
日本とは少し違った

又、いわゆるホテル・モーテルと言った
ごく一般的な宿泊施設とも違った独特の
形態のアコモデーションが存在しており

皆さんの目的に応じて使いやすいように
大まかに分類されています

では、上記で紹介しなかった、いわゆる
一般的なホテル・モーテルに分類される
アコモデーションはどうなんでしょう?

実はホテルやモーテルこそ宿泊費の面で
いえばピンからキリまであり

高級なホテルは皆さんも良くご存知だと
思いますが

格安?割安?な、コストパフォーマンス
の良いホテルも有ったりします

つまり・・・

ある意味、選択肢に幅も有り、宿泊費を
格安に抑えれる可能性を秘めたジャンル
とも言えますよね 笑

●ニュージーランドで宿泊費を格安に抑えるホテル探し

ニュージーランドに限らず宿泊費の費用
を抑えたい場合

真っ先に思い付く方法としてはいわゆる
グレードを下げる

ホテルの質を落として宿泊代を下げる案
だと思います

ただここで考えて欲しいのが、そもそも
宿泊代がどういった根拠で設定されてる
のか?という話しです

どのホテルだって同業他社とビジネス上
ライバル関係にありながら

顧客満足度を保ちつつも、且つ、利益を
あげる為のラインで値段設定しています

つまり宿泊代は何も表面上の立地や設備
だけでは無く

空室率や宣伝広告費、人件費などの経費
あらゆる要素が絡まっての値段設定です

なので・・・実際なかなかその適正さを
見極めるのって難しいです

となって来ると?

やはり、幾つかのホテルの宿泊費を比較
してるサイトを確認するのが早いですし

更に言えば、その幾つかの比較サイトを
横断して比べてるサイトで宿泊代を検討
するのが最も合理的ですよね 笑

昨今ニュージーランドのホテルの価格を
比較するサイトも多いですが、

特に今回、格安な宿泊費のホテルを探す
という目的から考えれば、Hotels.comを
おすすめしておきます

★【価格保証】

他社サイトでより安い料金が提示されて
いる場合には差額を返金

★【多数の日本人旅行者のレビュー】

実際に宿泊した日本人旅行者のレビュー
を参考に、格安で確実なホテル予約

★【年中無休の電話サポート】

日本語による24時間の電話サポートで
簡単・スピーディーなホテル予約が可能

WEB:https://jp.hotels.com/

という事で今回ニュージーランド特有の
宿泊施設の種類別

また一般のホテル・モーテルの宿泊費の
比較サイトの利用

という観点から、格安で宿泊する方法を
探って来ました

繰り返しになりますが・・・シーズンに
依ったり、アコモデーションの空室率や
ニュージーランド開催のイベントなど

僕たちにもわかる理由、判らない理由で
同じ宿でも宿泊費は大きく変動します

宿泊先を決める目的って色んな切り口が
あるとは思いますが

是非、自分自身の優先順位を決められて
納得の行く!ベストな宿泊先を探されて
下さいね~♪

そして・・・何処に決められたのか?
コソ~っと僕に教えて下さいね

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする