スポンサーリンク

ニュージーランドの最低賃金の歴史|雇用とのかかわりあい

ニュージーランドの最低賃金・・・

最近でこそ本当その金額が上がって来た
最低賃金なんですが

歴史をひも解きますと、実は安い時代も
あった訳でして・・・

僕がニュージーランドに来た当初のころ
なんて最低賃金$8.5でしたからね

税金を引かれると、何と$6台(T▽T)
それが今や$15の後半ですからね?!

日本から出稼ぎに来てる~と言われても
いい過ぎじゃないくらいの給料です
(本当、歴史を感じますよ~ 笑)

まぁこの最低賃金というものは、言えば
雇用条件の中の一つに過ぎなくて

ニュージーランドの雇用条件に関しては
その条件や契約の事も含めまして色々と
お話ししたいことは有るのですが

今回まずはともかくニュージーランドの
最低賃金の歴史をご紹介して行きます♪

※ニュージーランドの雇用契約や
 雇用条件に関しては別の記事で
 またご紹介しますね

●ニュージーランドの最低賃金の歴史

では早速ニュージーランドの最低賃金の
歴史について・・・

あっ、その前に!
とりあえず今の最低賃金が幾らだっけ?

と確認したい人のために政府が用意して
くれてるサイトが有ります

あなたがこの記事をいつの時点で読んで
いたとしても

最新の最低賃金を知りたい場合にスグに
わかりますので御確認ください

今の最低賃金を知る
Current minimum wage rates
→ https://www.employment.govt.nz/hours-and-wages/pay/minimum-wage/minimum-wage-rates/

ではニュージーランドの最低賃金の歴史
のほうに行ってみたいと思います

※新人労働者 (starting-out worker)
 見習い (trainee) を除く16歳以上
 の従業員が全員これに該当します

注1:新人労働者とは

16歳か17歳の従業員で、現在の雇用主
から6カ月以上雇用を継続してない人

18歳か19歳の従業員で、6ヶ月以上
特定の社会保障給付金を受給してる人

注2:見習いとは

年齢が20歳以上で、自らの雇用契約に
関連した職業で、有資格者となるため
雇用契約上年間最低60単位の職業訓練
の履修が義務付けられている人

法改正年月   最低賃金

March 1997   $7.00
March 2000   $7.55
March 2001   $7.70
March 2002   $8.00
March 2003   $8.50
April 2004    $9.00
March 2005   $9.50
March 2006   $10.25
April 2007    $11.25
April 2008    $12.00
April 2009    $12.50
April 2010    $12.75
April 2011    $13.00
April 2012    $13.50
April 2013    $13.75
April 2014    $14.25
April 2015    $14.75
April 2016    $15.25
April 2017    $15.75

いかがでしょうか?ニュージーランドの
最低賃金の歴史・・・

とは言いましても、ここ20年間ほどの
まだ浅い歴史なのですが

実際1997年当初からは2倍以上の賃金に
なっていますよね?

だからと言って、物価が倍になってるか
といいますと全くそんなことは無いので

視点を変えて、特に中小企業や小規模の
お店の経営者の立場からしますと

ここまでの最低賃金の上昇っぷりは相当
事業を圧迫している現状も有ります

と言うことで最低賃金と雇用の関わりに
ついても次でお話ししておきますね

●ニュージーランドの最低賃金と雇用の関わり合い

ここまでニュージーランドの最低賃金の
歴史について紹介してきましたが

まず、そもそもニュージーランドに来る
までの間(つまり日本にいる間)

今迄に働いたことがある方は、例えその
就業の形態がバイトでも正社員でも

最低賃金の金額というのを気にしたこと
なんて有りましたでしょうか?

もっといえば最低賃金なんて言葉自体を
ご存知でしたしょうか? 

僕の場合で言いますと、日本にいた頃は
気にしたことも無ければ正直その言葉も
全く知りませんでした 笑 (//∇//)

だって会社員の時の給料やボーナス等は
初任給や、賞与は何か月という形で明示
されてましたし
(賞与や昇給はその都度変わりますが)

学生のアルバイトの時だって、見る箇所
としては仕事内容と給料ぐらいであって

その背景に「最低賃金が幾らなのか?」
みたいな事が有ったなんて知識も関心も
無かったのが正直な所です

結局大事なことは実際に手に出来る金額
だと思うので

もし最低賃金なんてものの存在を知って
いたとしても

雇用主は一応それを守ってるんでしょ?
みたいな考え方をしてたでしょうし

実際に日本では特にそれでも問題無いと
思うんですよね~ ( ̄▽ ̄)。o0○

ところが!

では何故ニュージーランドに来たら急に
みんなが最低賃金のことを話題にしたり
するのでしょうか?

僕の考える理由としましては

★ニュージーランドに渡航して来る
 学生やワーキングホリデーの方が

 英語力が足りてないことを理由に
 日本食レストランなどの、日系の
 会社やお店で働くことが圧倒的で

 そんな彼らは現実には最低賃金で
 働くケースがほとんどだから

 なので最低賃金が上がれば彼らの
 給料も自動的に連動して上がる為

 最低賃金の話題はイコール給料と
 直結している

★一つ目の理由と少し、被る部分は
 あるんですが

 日本からの渡航してくる人たちの
 語学力やスキルも含めたトータル
 での能力が、一定のラインまでは
 届かないケースが多く

 それに対する雇用の機会のほうが
 かなり少ない現状では

 売り手市場と言いますか、雇用主
 の方に有利に雇用条件を決めれる
 環境が有るケースが多いです

 つまり、給与は最低賃金となって
 そのまま連動していきます

★雇用主側の視点で考えてみた場合
 いわゆる人件費が法律に基づいて
 昨今特に高騰してる傾向にあって

 賃金もそうなんですがさまざまな
 雇用にかかわる手当や休暇の付与
 年金の肩代わりなどを受けまして

 人の雇用がビジネスを圧迫してる
 ケースが急激に増加しています

 この状況が一定の職種に於いては
 そもそも当初の給与を最低賃金に
 設定せざるを得ない状況を作って
 いると考えられます

 このケースでも給与が最低賃金に
 連動して行きます

★就労ビザや永住ビザが欲しい人を
 雇ってるようなケースの場合

 雇用主がビザのジョブオファーを
 出す事と引き換えに、最低賃金で
 雇用契約を結ぶことがありました

 この場合も給与が最低賃金に連動
 いたします


2017年、ワークビザと永住ビザ
の法律が変わりましたので

この2つに関しての雇用条件は
2017年以降上記に該当しません

色々書いてきましたが結局の所、学生や
ワーキングホリデーの方でも、そうでは
なくっても

働き始めの頃が最低賃金である事が多い
のが現実なので

ニュージーランドで働く場合の給料は?
=(イコール)最低賃金!みたいな図式
が一般的になってきますと・・・

そりゃ、日本にいた時より気になるのも
当然ですよね♪ 

まぁそれぐらい、最低賃金で働くケース
っていうのが実際多い訳ですが

これは日本人に限った話しでは無くって
移住してくる非・英語スピーカー全てに
言える話しですが

英語圏じゃない国から来てても語学力は
ネイティブ並みに優れていて

その上専門分野に関しては知識も技術も
経験も豊富♪

こんな人・・・
普通はなかなか居ないですよね? 笑 
(ゼロでは無いとは思いますが)

ただここは視点を切り替えて考えてみて
欲しいのですが

すっごくタイムリーなニュースで、実は
先日、2018年4月の時点で又最低賃金が
$16.5に上がると報道されてました・・

これ、今のレートですら時給1320円
ほどの計算になりますが、ここから円安
になるにつれてもっと上がって行きます

※参考
 2017年度の兵庫県の最低賃金:844円

更にニュースでは2021年までに$20
と言ってますが、こうなって来ますと?
為替によっては・・・時給二千円!!

最低賃金という中の「最低」のワードが
イメージを悪くしてますが、この金額が
最低でも貰えるというこの状況・・・

あなたがニュージーランドで働くことを
考えているのなら?決して悪い数字じゃ
無いと思うんですけどね♪

というか僕は羨ましぃ~(≧▽≦)☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする