スポンサーリンク

ニュージーランドのカフェで仕事。バイトの求人や働くスタイル

ニュージーランドのカフェで仕事をする
ことって?

実は内容的に日本のカフェで働くことと
そう大して変わらないんですが 笑

今回はバイトの求人や働くスタイルって
いう切り口を含めて

ニュージーランドのカフェの仕事の概略
みたいなモノをご紹介出来ればな~って
思ってる次第です ( ̄▽ ̄)

実際ニュージーランドのオークランドで
複数のアルバイトを経験し

その後、オークランドで席数120席の
大きなカフェを経営しながら、バリスタ
として働いていた経験から

ニュージーランドで働く!中でもカフェ
に特化したアルバイトや仕事という事で
お話し致しますね♪

●ニュージーランドのカフェ事情

まず、ご存知の方も多いと思うのですが
日本と比べると、圧倒的に人口の少ない
この国は

人口の割合からすると?非常にカフェが
多い事で知られてると思います

勿論日本だって(僕は神戸出身ですが)
「犬も歩けば棒に当たる」と言うぐらい
街中にカフェが溢れかえってますが 笑

日本の場合は、どちらかっていいますと
フランチャイズといいますか、チェーン
展開されている様な・・・


スターバックス、ベローチェ、
タリーズ、エクセルシオール

などの店舗群が大きなウエイトを占めて
いると思うのです

で、ニュージーランドにも勿論・・・


コロンブス、シエラ、スタバ
エスクゥアイヤーズ、bb’s
グロリアジーンズ

などのフランチャイズ系の店舗が存在は
するのですが

店舗数という意味でそれほど数が多いと
いう訳では有りません

それよりも、ニュージーランドの場合は
圧倒的に個人経営でのカフェが多いです

そして日本とニュージーランドが大きく
違っているバックグラウンドとして

フランチャイズのカフェはコーヒー豆や
その他の関連商品を本部が各店舗に供給
するような仕組みなのに対し

個人経営のカフェの場合には豆屋さんや
ロースター屋さんからコーヒー豆などを
仕入れる方式だと思うのですが

ニュージーランドでのカフェに関してで
言っておきますと

人気コーヒー豆メーカー&ロースターは
非常に有名で国民的な人気がありまして
既にブランド化されていたりします

なのでこの国の人達は「何処のコーヒー
の豆を使用しているのか?」を気にして
カフェを決めたりする程なんです!

非常にこだわりが有りますよね♪

そういった背景があったりもしますので
ニュージーランドの場合でも

勿論、大手のカフェフランチャイズ店は
有名なのですが

それ以上に!!
(と言うと語弊が有るのですが 笑)

コーヒー豆ブランドは圧倒的に支持され
愛されていると考えて貰って良いです

余談になりますが、僕がカフェをやって
いた時に使用していたコーヒー豆屋さん
ALLPRESS(オールプレス)に関しては

ニュージーランドでも勿論大人気ですが
2014年には日本の東京(清澄白河) に
進出を果たしました♪

このコーヒー豆目当てでウチのカフェに
いらっしゃったお客さんも多かった様に
思います

一応オールプレスのNZ Barista Training
の動画も貼っておきます

動画の中に出て来る Margaretさんは・・
僕の先生でもあります 笑 (//∇//)

という事で、ニュージーランドのカフェ
の説明が長くなりましたが 汗

ニュージーランドのカフェで働く!って
ことで次はバイトの求人に関して書いて
みたいと思います

●ニュージーランドのカフェのバイトの求人

ここではニュージーランドのカフェでの
バイトの求人について少し紹介したいと
思います

ニュージーランドのカフェでアルバイト
で働くことを考えた場合

その取っ掛かりというのはカフェの求人
募集を探して応募する!ということから
全てが始まると思います

このカフェの求人に対して応募する場合
段取りとしての流れを簡単に書くと


1.カフェの求人募集
 広告を探しだす

2.CV(Curriculum Vitae)
 の作成&提出
 ※日本で言う履歴書ですね

3.書類選考

4.インタビュー(面接)

5.トライアル(試用期間)

6.就労開始

の様な感じで進んで行きますが、面接や
トライアルなどは、実際にやるカフェも
やらないカフェも色々有ります

で、他の国も同じなのかも知れませんが
ニュージーランドのカフェの求人の場合

募集される仕事内容としましてバリスタ
シェフ、キッチンハンド、ホール(レジ
やサービング)、ディッシュウォッシュ

とある中でも、個別の仕事内容で求人が
出る場合や複数掛け持ちの場合

更には仕事内容の区別は付けずに全部を
ひっくるめて何でも行うスタッフとして
募集する場合も多いです

※シェフに関しては個別の求人が圧倒的
 に多いですしバリスタも多めです

なので求人に応募する場合も仕事内容が
明記されてない事は往々にして有るので
気になる方は応募前に確認して下さいね

※こう言った仕事内容とは別の考え方で
 スーパーバイザーやマネージャー募集
 等ポジションとしての求人も有ります

まぁ・・・

求人への応募に関しても、CVに関しても
面接やトライアルに付いても書き出すと
キリが無いので止めておきますが 


いちカフェオーナーとしてでも
いち働くスタッフとしても色々
話したいことはある 笑

そもそもニュージーランドのカフェでの
バイトや仕事の求人募集を何処で探せば
良いのか?

ということに関してだけ、少し紹介して
おきますね!

★ニュージーランドのカフェのバイトの求人の探し方

現実的にカフェでの仕事を考える場合に
最も大事な項目としましては、給料より
待遇より、ポジションよりも、何よりも

勤務地というか、カフェの場所になる!
って思います♪

ニュージーランドと一口に言ったって?
実際にステイ先から通勤出来る様な場所
でないと意味がないですからね 笑

ステイ先が既に決まってるような場合は
本当は、通勤圏内のカフェをアナログで
(オフラインで)探すやり方のほうが

ネット上に出回って無いような

・条件の良い求人
・応募の少ない求人

が見つかるので、本当は一番おすすめの
方法なのですが

渡航前に日本から探したいという場合や
広くサバーブ(街・地域)を限定せずに
探す場合はネットが便利だと思います♪

下記はカフェの仕事・バイトを探す場合
代表的なWEBサイトになるので参考に!

※「カフェ」でソートすると、URLが
  凄く長くなったので短縮してます 

ニュージーランドのバイトの求人
  一般サイト

■trade me(トレイド ミー)
 WEB:http://bit.ly/1NtoHyV

ニュージーランド最大ポータルサイト
求人情報だけでなく広く全般的な情報
を扱っています

■Indeed(インディード)
 WEB:http://bit.ly/1MjzWcf

ポータルサイトでは無く求人情報専門
ですが、トレイドミーに匹敵する求人
情報数を誇ります

■STUDENT JOB SERCH
 WEB:http://bit.ly/20vBw0G

特に学生と言う事に特化して求人情報
を提供してくれるサイトです

ニュージーランドのバイトの求人
  日本のサイト

■nzdaisuki.com(NZ大好きドットコム)
 WEB:http://bit.ly/1iEdNcI

日本人向けのポータルサイトです

■ニュージーランド掲示板
 WEB:http://bit.ly/1GMFGei

日本人向けの掲示板です

●ニュージーランドのカフェで働く

では最後にニュージーランドのカフェで
働くという事でもう少し書いておきます

例え同じ仕事とは言いましてもその雇用
形態が正社員なのか?バイトなのか?と
いうことは

特にニュージーランドで働く様な場合は
余りハッキリしてないように思います

法律的な事でいえば雇用する条件面での
社員やバイトといった違いが、ほとんど
無いからだと思います

※日本でいう所の、正規雇用や派遣や
 バイトと言った違いに依る福利厚生
 給料、休暇等の違いがほとんどない

まぁニュージーランドの場合、正社員や
バイトといった呼び方も、本当はしない
ので(ここでは判り易く使ってますが)

一般的にはフルタイムやパートタイムと
いう呼び方で分けることが多いです
(もしくはパーマネントやカジュアル)

ただ、だからと言ってフルタイムだから
正社員でパートタイムだからバイト!!

・・・って事でも無いんですね 笑

なので、最も大事なコトと致しましては
やはり「契約内容」という事になります


業界に依ってもまた違うんですが
特にカフェの様な飲食業界内では
呼び名に拘らず、契約内容で判断
すべきだと思います

後は・・・

日本人の方がニュージーランドのカフェ
で働くといったコトを想定する状況にも
色んな想い、パターンが有ると思います

ざっと思いつくものを挙げてみても・・

★カフェで働く期間について

・ワーホリでニュージーランド
 滞在中に期間限定で働きたい

・ゆくゆくはジョブオファーを
 貰ったり、ワークビザを得て
 長期的に働きたい!

★カフェで働く目的について

・あくまでもカフェで働く体験
 バイト体験であり、そこまで
 こだわりは何も無い

・ニュージーランドに滞在中の
 生活費に充当する目的なので
 給与の優先順位が一番大事

・英語のスキルアップが目的の
 カフェでの就労なので

 お客さんへの接客や職場内の
 コミュニケーションを重視

・ジョブオファー、ワークビザ
 の取得やその先には永住権も
 視野に有る

・カフェの業界で働く事に意義
 を感じる
  
 将来は(ニュージーランドor
 日本)でカフェを経営したい
 バリスタをしたい

のような感じでしょうか? ( ̄▽ ̄)

どんな目的でも、どれぐらいの期間でも
全く問題は有りませんし、皆さん其々で
全然自由で良いと思うのですが

最後に一つ、僕が言っておきたいことと
しましては

たとえどんな目的であっても良いと思い
ますので・・・

どうせやるんだったら?自身の為の目的
ってモノを

本当、出来る限り明確にしておくことが
非常に大事なコトだと思ってます

時間は・・結構あっという間に過ぎたり
するもんです 笑

是非有意義に!そして後で後悔する事の
無いように!

ニュージーランドのカフェで働くことを
仕事を通じてエンジョイしてもらえれば
と、心より思っています

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする