スポンサーリンク

ニュージーランドでのんびり生活はつまらない?の真相を探る

今までにニュージーランドに行った事の
ある人と無い人とでは

ニュージーランドに対して、少し違った
イメージをお持ちかもしれませんし

旅行、留学、就職、移住等を含め、何か
計画を立てていて、書籍やネットなどで
すでにニュージーランドに対して色々と
調べてるような人と

ニュージーランドには何の興味も無くて
勿論なんの知識も無い、普通の人とでは

やっぱり、又違ったイメージを持ってる
のかもしれないのですが

良くいわれる一般的な話しとしましては

やっぱり、ニュージーランドはのんびり
してる国!のんびりとした人々!などと
思われてる事の方が多いように思います

まぁニュージーランドを象徴するモノと
言えば、代表格の一つが羊、という事に
なるのですが

※僕のハンドルネームでもあります 笑

一説では?この羊の雰囲気が、のんびり
イメージを定着させていると言われたり
もしますが・・・

まんざらデタラメとは言いがたいような
気もする訳でして(個人的にはですが)

まぁそもそも、こういったイメージって
何処から来てるのかは不明ですし、実際
確かめようがない話しとも言えます

そこで!先に僕の結論から申し上げよう
と思うのですが

当たり前の話しとして・・・
人に依っての受け止め方が全然違うので

ニュージーランドがのんびりしてるか?
どうなのか?なんてことに正解は無い!

と言うのが僕の結論です 笑

なのでこれから以下でお話しする内容は
全て、僕が個人的に主観で感じたことを
そのままお話ししますので

間違ってもソレが正解とか不正解とかは
考えずに

僕の視点でお話しする情報を単に一つの
意見として参考にしたり

逆に?あなたには、ここで聞いた話しを
もっと客観的に判断して貰ってご自身の
認識にしてもらえればって思う次第です

ニュージーランドはのんびり生活

そもそも?のんびりって、まぁ抽象的な
言葉だと思うのですが 笑

ちょっと考えてみると、まず、人がこの
のんびりを意識する時って

例えばニュージーランドで生活
  している時

例えばニュージーランドで仕事
  している時
 
例えばニュージーランドで子育て
  している時

例えばニュージーランドで旅行
  している時 

他、何でも良いと思うんですが、色々と
日々何かを行っている過程のなかで

時間の経過をどんな風に感じてるのか?
というのが一つには有ると思います

そしてもう一つは、例えば僕の場合なら
今まで長年日本で暮らしてきたっていう
経験が有りますので

様々なシチュエーションで「日本と比較
してどうなのか?」

みたいなことも、時間的な事を意識する
瞬間だったりします

そして、こういった様な点から考えた時
僕自身、ニュージーランドって国は・・

相当のんびりしてるな~( ̄▽ ̄)。o0○

などと思う訳です 笑(個人的にはね)

ちなみに、この国には

Kiwi Time
  (キウイ・タイム)

New Zealand Timu
  (ニュージーランド・タイム)

なんて言葉も有りまして

正確にニュージーランド国内でどの様に
認識されているのかは不明なんですが

言ってみれば生活の中でゆっくりとした
時間が流れてる・・・という様な状態を
いい現わす言葉もあるぐらい

スローな時間が意識されてるっていう事
だと思うんですよね♪

じゃあ?具体的にはニュージーランドの
どの辺がのんびりしてるのか?という話
なんですが

これ!勘違いして欲しくない事としては
ニュージーランドの全ての事が、何でも
かんでもいい加減で、ちゃらんぽらんで
時間にルーズっていう訳ではないんです

このことをまずは最初に頭に置いといて
以下の内容を読んで欲しいのですが

これは何処の国でも同様だと思いますが
業界、会社、お店、家庭、人・・・

それぞれの環境によって、同じ国内とは
言っても?全然違う「のんびり・忙しい
ゆる~い・厳しい」様な状況の違いって
普通に有りますよね?

そして移民国家のニュージーランドです

様々な言語、文化、価値観を持った人が
集まるこの国の多様性って

単一民族でほぼ占められてる様な日本と
比べると、想像を絶するモノが有ります

なんですが・・・なんですが・・・
(2回も言いました 笑)

何故か?ニュージーランドにいる人達や
この国の一つの環境を取り上げた時

共通項的なモノが見い出せたりしちゃう
わけなのです!

それは何かというと、プライベートでも
ビジネスでも、遊びも、仕事も、問わず
結構時間にいい加減な面に遭遇します♪

友達との待ち合わせの時間

会社の会議の時間

修理に呼んだ水道屋のアポ

お店の営業時間

道路工事の終了予定時間

学校の授業の時間

バス・電車の時間、
  電車の時間って・・・汗

まぁ、言い出したらキリが無いのですが
あらゆる場面、あらゆる環境で遭遇する
遅刻、遅延、すっぽかし ( ̄▽ ̄;)


日本のビジネスマンの中で
精神的にやられる人がいる
と言われる項目の一つです
(憤慨する・我慢出来ない)

まぁこの現象は時間にルーズということ
であって、のんびりには直結しない!と
考える人もいるかもしれませんが

僕の中ではこの「みんなの時間に対する
ゆる~い感覚」っていうものが

結構、のんびりな生活スタイルにリンク
している様に思えれるんですよね~♪

ニュージーランドはつまらないからのんびり生活?

ニュージーランドはオークランド大学や
ワイカト大学などなどと、普通に留学で
来られる方もいらっしゃいますが

大学よりは短期になりますが、いわゆる
語学学校に留学でこられる方々も意外に
大勢いらっしゃいます

そんな中には、日本の学校の長期休みを
利用して来られる方もいますし

大学を卒業して社会人になる間の期間に
ワーキングホリデービザを利用して来る
という方もいるのですが

総じて言える事は、大体30歳以下の方が
ほとんどだと思います

※30歳と言う数字はワーホリビザ
 の年齢制限の上限から

※勿論、シニアの方も中堅の方も
 普通にいらっしゃいますけどね

で、本当に短期滞在の方からはそんなに
聞かないのですが

3ヶ月、6か月、一年、と滞在される方で
特に若い世代の人から聞く言葉に

つまらない、退屈、boringなんて感想を
本当よ~く聞きます 笑

これ、田舎の方の牧場でファームステイ
しながら・・・とか

郊外の果樹園などでピッキングの仕事を
しながら・・・など

いわゆる何も無い辺境の地に行って、と
いう訳じゃ無いですからね!

ニュージーランドの誇る、最も大都会な
オークランドの更に中心部にある学校に
通学している生徒たちの感想です

つまり?少し噛み砕いて言いますと・・

カラオケが無い
  (実際は適度に有る)

ゲーセンが無い
  (実際は少しは有る)

買物するお店が少ない
  (日本と比べると・・確かに) 

アミューズメント施設も無い
  (コンプレックスシネマが少し)

流行の場所、モノ、ことが無い
  (まぁそんなに無いカモ)

これらを全てひっくるめてつまらない!
という事のようです♪

まぁ・・・日本のごく普通の街に住んで
いたとしましても?やっぱり何かと遊ぶ
場所は多いだろうし

好奇心をくすぐるモノなんて日々新しく
入れ替わってるのが(良い悪いは別で)
正に日本だと思いますので

それと比べると、まぁつまらない~って
思うのも無理はないかもしれません 笑

ただ!

僕が何故今回こういった事を引き合いに
出して来たのか?

それは、若い人達が確かに色んな理由で
つまらないって感じる部分があり

それがニュージーランドの一つの側面で
あるのは事実だと思うのですが

日本からニュージーランドに来て思う事

ニュージーランドってやる事が無い!!
(だからつまらないんですよね?)

やる事がいろいろ有る、いやあり過ぎる
くらいの日本

だから楽しい!とも考えられるんですが
けどその反面・・・

だから忙しくなる、しんどい、疲れる!
みたいな事って無いでしょうか?

ニュージーランドって確かに色んな点で
日本と比べて色々無さ過ぎると思います

けどこの退屈でつまらないという状況が
あるモノを生み出してると思うんです

・・・時間です( ̄▽ ̄)

じゃあ?ちょっと逆説的な考え方をして
日本でもやる事を減らして時間を作れば
良いのではって考えたとしても・・・

果たして、今の日本の社会、環境の中で
仕事を減らす、興味の対象を減らすコト
・・・・出来ますかね?

僕はこのサイトのトップページでも記載
していますが

以前、日本で働いてた時は、特に終盤は
忙殺という状況下にありました

その時は本当必死に頑張っていましたが
必死だったからこそ時間は流れるように
過ぎて行ってしまいました・・・

今、僕は2時間くらい掛けてエンジンの
芝刈り機を駆使しながら、庭の芝刈りを
楽しんでいます

カフェに行っても、ランチとコーヒーで
相当な時間しゃべり倒したり、スマホで
遊んだりしています

ネコ達のご飯にも時間をさいていますし
毎日ドラマや映画を観てますし、近所の
ウォーキングコースに毎週出掛けてます

こういうの・・・実は・・・
つまらないニュージーランドだからこそ

時間に余裕が出来てこその生活スタイル
なのかも知れません

なので僕自身はこのニュージーランドで
のんびり生活を送らせて貰ってますが

つまらないって思った事は、実はただの
一度も無いんですね~♪

若く無いからかな? 汗

なんてオチだ~ (≧▽≦)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする