スポンサーリンク

ニュージーランドで車を買う。購入に失敗しない賢い選択とは?

この記事は約 23 分で読めます

ニュージーランドで車を買うというコト
のすべてについて

実際ニュージーランドで車を買った事も
売った事も

そして日本から自分の車を輸出した事も
ニュージーランドに輸入したコトもある
僕がゆっくり紹介してみたいと思います

まぁ・・・

これからニュージーランドに向かおうと
してる人でも「自分には関係無い話し」
と思ってる方もいるでしょうし

実際にニュージーランドで生活をしてる
人の中でも

車が必要な人とそうでない人は分かれる
と思います

車を買うこと自体は日本で考えたらまぁ
結構大きな話しですし

購入にかかる費用だってそれなりの金額
しますし維持費だって掛かります

ガソリン代も最近高いし、税金も高いし
車検代も馬鹿にならなければ、そもそも
まず車庫証明とかも必要だし・・・

本当、色々考えることが出て来ます

で?ニュージーランドだったらソレラを
全部考えなくって良いんです♪

・・・てな訳では決して有りません 笑
当たり前ですが (//∇//)

ただ日本で車を買うコト、維持するコト
に比べますと・・・

金額も相当安く済みますし手間も随分と
楽なんです

そしてそれより何よりもっと重要なのは
車を持つ事の必要性に迫られるケースが
圧倒的に多い!ということでしょうか?

この辺は、以前書いた記事

「ニュージーランドの車事情!その恐るべき実態を暴いてみる」
で確認して頂きたいのですが

今回はソレはそれとして置いときまして
ニュージーランドで車を買う!その購入
の方法につきまして

最初から最後まで0から10までの全て
をお話ししていこうと思っています

●ニュージーランドで車を買う

■1.車の購入の最初の選択肢

まず、ニュージーランドに来たあなたが
車を買う!という事を考える場合

其処に何らかの取っ掛かりが有ると思う
のですが

最初の時点で既に場合分けされる部分が
あったりします

ソレは何かと言いますと?

あなたがニュージーランドに移住をしに
来るのか?

ワーキングホリデーで最長でも一年間の
滞在なのか?

ワークビザで働きに来て場合によっては
更新、更新で数年の予定なのか?

みなさんの滞在の目的は人ぞれぞれだと
思いますが

目的、及び滞在の期間によって車の利用
に対する重要度は変わると思います

要は、日本から車を引っ張って来る事も
考えているのか?現地ニュージーランド
で買うと決めてるのか?で

日本を発つ時までにやっておく事などが
出て来ます

この、日本から車を引っ張って来るコト
(=日本から輸出&NZに輸入)

に関しましては、また別途詳しく記事に
しようと思ってますので

今回はニュージーランドで車を買うこと
限定でお話しをしますが

最初の選択肢としてそういう考えも有る
という事は覚えておいて下さい

そしてもう一つ!

ニュージーランドで車を買う、と決めた
場合でも考えておく選択肢として

新車を購入するのか、中古車を買うのか
という選択肢も有ります

この部分はあなたが実際に調べたり検討
したりする前の段階でのあなたの考え方
に依存する部分ですので

予算や車のタイプ、排気量、車種・・・
まぁ色々有ると思いますが

実際調べ始める前に、そもそもはどんな
車が欲しいのか?というのは誰でも有る
と思います

ここでニュージーランドの場合、新車と
中古車の購入では

その買う方法の選択肢からチェック方法
などなど大きく違ってきますので

どちらかと言えば?車種、排気量、価格
といったスペックを先に決めるよりも

新車で購入するのか、中古車を買うのか
の方を先に決められる方が

次の段階の、車を探すというステップで
面倒さが無いと思っておいて下さいね

■2.車の探し方(探す場所、チェックポイント)

では次に、ニュージーランドで車を買う
場合の車の探し方についてご紹介します

★何処で新車を探す?

まず新車の場合ですがこれは簡単でして
ディーラーに行って探します

※日本の場合と同じですね

日本ほどは多種多様な自動車メーカーが
参入して来てないので

特に海外メーカーだと選択肢が限定的に
なりますが

例えば日本のメーカーだとトヨタ、日産
ホンダ、マツダ、スズキなど主要な所は
ニュージーランドにもあります

では中古車の場合はどうかと言いますと
ある意味では日本と同様に、多種多様な
探し方があります

そしてニュージーランドの場合は新車の
購入よりも中古車の購入の方が圧倒的に
多いので

自動車を買う、と言えば中古車を買う!
という方が主流だと覚えといて下さいね

★何処で中古車を探す?

ニュージーランドで中古車を買う場合に
何処で探すのかという候補は意外に多く
有ったりします

まずは大雑把にその概要を紹介しますね

■中古車販売店
 
いわゆる店舗型の販売店で、各街
どこでも見掛ける位に多いです

■インターネット

これは幾つか種類に分類されます

オークションサイト、SNS 内での
自動車グループ、ポータルサイト
勿論、各販売店のサイトなどなど

■カーフェア

定期的に実施されている自動車の
青空市場みたいなモノ

■路上(実車での告知)

車そのものに売ります!(値段や
連絡先など)と告知されています

■スーパー、バックパッカーズ
 などの掲示板、新聞

オフラインでも、車の売買情報が
掲載されてます

種類だけでもこのような感じで選択肢が
沢山有りますので

どの方法で探すべきなのか?迷う部分も
有るかも知れませんよね

僕からのアドバイスとしましては・・・

勿論、あなたが好きな方法、出来そうな
手段を選んで頂いたら良いと思いますが

ある程度、車の車種や予算が決まってる
という場合なら・・・

実際に見る、確認するという意味でも?
オフラインの方法での検討を奨めますし

実はまだそこまで絞り切れて無いという
場合なら・・・

インターネットを使いオンラインで探す
という方が圧倒的に情報量が多いですし
手間が掛からないと思います

上の概要説明に対し、補足的にもう少し
解説をしておきますと・・・

中古車販売店は、最も身近な存在であり

・実際にお店は何処にでも有り
・実車も其処に有り
・試乗や購入の手続きといった
 この後の行程でのトラブルも
 ほとんど無く

使い勝手が良い手段と言えると思います

これは余談ですが・・・

現在、ニュージーランドには大小様々な
中古車販売店がしのぎを削ってますが

最大手2 cheap carsの経営には日本人が
携わってますし

Used Cars for Sale - New Zealand | 2 Cheap Cars
2 Cheap Cars is NZ

日本でも有名なあの中古車のガリバーも
ニュージーランドに参入を果たしまして

この中古車販売業界は、何気に賑やかな
感じになっていたりします 笑

Gulliver New Zealand
Gulliver New Zealand provides the solution to you to find the best possible car directly purchased by owners in japan.Please don’t hesitate to contact us.

さて、次も同じオフラインのカーフェア
なんですが

広い敷地に大勢の人が車を持ち寄るので
中古車販売店に比べると実車が見れる数
という点ではこちらの方が多いです

但し、後でチェック方法も紹介しますが
カーフェアって

言ってみれば、単に車を売りたい素人が
大勢集まってるケースもあります

※勿論、業者が来てる事も多いし
 詳しい人だってたくさんいます

何がいいたいかと言うと、沢山車も見れ
格安の掘り出し物に出合えるチャンスも
多いというメリットがある反面

車の状態を見極める「目利き」の能力が
必要になって来るのと

実際車を買う段の交渉、手続き、などが
すんなり行くかどうかがその売る人次第
・・・みたいな所があります 笑

要はそこそこ車に関する知識や交渉力が
モノを言う!という感じなので

自分は素人だと自認してる人には、少し
向いてないかな?とも思います

※単に見学に行ったり詳しい人に
 付いて行って貰うならアリ!

カーフェアは色んな場所で開催がされて
すので最寄りの場所を探すのも手です

オークランドで人気なのはエレズリーの
カーフェアなどでしょうか?

Carfair - Location

オフラインの最後は路上(実車での告知)
スーパー、バックパッカーズ、新聞等の
掲示板ですが・・・

僕、個人としては余りおすすめ出来ない
方法になります

情報量が少ないですし、実写を見る前に
ひと手間掛かるのはネットと同じならば
明らかにネットで探す方が良いかな?と

では次にオンライン、インターネットで
探す場合です

上でも解説した通りでネットと言っても
幾つかの種類に分かれますので

以下に代表的なモノを幾つかご紹介して
おきますね

◆オークションサイト

trademe(トレードミー)
http://www.trademe.co.nz/

Turners(ターナーズ)
https://www.turners.co.nz/

◆フェイスブックグループ

Backpackers Cars/Vans sales Auckland
https://www.facebook.com/Backpackers-CarsVans-sales-Auckland-1388603148099954/

◆ポータルサイト(日本語)

NZ大好き
https://nzdaisuki.com/classified/trade

◆ポータルサイト

yahoo nz
https://yahoo.autotrader.co.nz/

◆販売店

販売店の WEBサイトに関しては膨大な数
存在するのですが

上でも紹介致しました、2 cheap carsと
Gulliver(ガリバー)を押さえておけば

後はあなたの住んでいる所の近所のお店
のサイトぐらいを見ておけば、間違いは
無いと思います

★中古車のチェックポイント10項目

車を探す場所が決まりましたら、それが
ネットであっても勿論オフラインでも

最終的には買う前に実車を見る試乗する
というステップを踏みます

※試乗せずに買う人もいます
 そして見ることも無く買う
 という人も・・います 汗

ここでのポイントは、出来るなら?車に
詳しい人に同伴して貰うというコトです

というのも僕自身も含め、ごく一般的な
ふつーの人って・・そんなに車に詳しい
わけ有りませんよね? (T▽T)

悲しいですがこれが現実ですので、実際
車を見に行ったとしましても

メーカー保証の無い中古車で何か有った
場合の責任は全て自分に掛かってきます

ですが、この辺が要はどこで買うのか?
を決める判断材料にもなる訳で・・・

▼車の状況は自分では判らないが
 絶対に万が一にもおかしな所が
 有るのは嫌だ

  販売店、ディーラー系

▼自分で見れる範囲内で確認して
 何か有ったら修理するくらいの
 程度で十分

  その他の方法

みたいな感じで考えますと、自然に車を
探す場所も決まって来ると思います

で、ここでは素人なりにも?自分で車を
チェックする際のポイントについて紹介
しておきますね

1.価格

他の項目にも関わって来る内容ですが
ともかく現状の受渡し価格が最終幾ら
なのか?の確認要

ちなみに・・・
車を探しててよく聞く言葉としては

※asking price:
 売り手側が最初に提示している
 手探り状態な価格なのでそれで
 決める必要は全く無し

※o.n.o(or nearest offer):
 すでに売り手が交渉の余地有り
 と言ってる値段

※ORC(on road cost):
 車両本体の価格+ORC みたいな
 使われ方をよくする
 
 要はニュージーランドの道路で
 正規に走るために必要な費用の
 全て・・・という意味

 新車や輸入した中古車の販売に
 よく使われます

2.REGOとWOFの期限

REGOとは車の登録のライセンスの事で
車のフロントガラスの下部に提示する
義務があるのですが

このREGOに対しては、日本で言う所の
自動車税が掛かって来ますので支払い
義務があるのですが

中古車購入の際には、この残存期間が
価格に反映されます

※勿論、残存機関が多く残ってる方が
 価格が高く、支払日が近いなら安い
 という感じです

同様に WOF、こちらは日本でいう車検
なんですが

製造年が2000年未満の車は半年に 1回
2000年以降の車は1年に1回 WOFが必要
になって来ますので

こちらも、残存期間がそのまま価格に
反映されるという訳です

3.Kilometres(走行距離)

そのまんまですが・・・( ̄▽ ̄;)

これはある程度の範囲内ではその時点
での車の優劣を決める大きな材料には
なりません

ですが将来自分が乗った後に車を売る
という事を考えた場合のその時の距離

もしくはその時の劣化具合、維持費の
掛かり具合は考えておく必要アリです

4.ファーストバイヤーかどうか?

これは、確固たる何かの判断材料には
なりませんが

売り手がファーストバイヤーで新車で
自分が買った車を初めて手放すケース

売り手も中古車で買い、その前の人の
履歴などももう判らないケース

どちらかと言えばファーストバイヤー
である方が、車の程度が担保されてる
可能性が高いと思います

5.オイルとオイルフィルター

これも程度の問題なんですがオイルが
真っ黒けという場合・・・

車を買う、と同時にオイル交換したい
と思う訳ですが

売り手が「オイルとオイルフィルター
交換済み」の状態で売っていたら考慮
出来ますよね

6.タイヤの摩耗

WOF(車検)で引っ掛かる項目でもあり
中古車なだけに要チェック箇所です

摩耗してるのはしょうが無いとしても
溝がほぼ無い状態では次回の車検時に
引っ掛かってアウトです

後、溝だけでなく横サイドのひび割れ
などもチェックしておいて下さいね

7.カーエアコン

季節によって逆側のエアコンの効きは
見落としがちになりますが・・・

特に気を付けるべきは冷房の方ですね

冷房はガスが抜けてるとほぼ効かない
ので秋・冬場であっても冷房の効きは
要チェックです

後、異臭がしないかの確認も忘れずに

8.電気系統全般

当たり前ですが全部車検の対象になり
ますので・・・

ブレーキランプ、ウインカー、前照灯
スモールライト、ハザード、ストップ
ランプを始め

オーディオ、パワーウインドー、カギ
ワイパーも含め全て確認して下さいね

9.備品

これは売り手が付属してると謳ってる
のであればの確認です

例としましてはスペアタイヤを筆頭に
ジャッキ等の工具類、カーナビなどの
電装パーツ、キャリアー他

10.製造年式

これは2.のWOF の所でも述べましたが
車に乗るという意味では関係無くとも

WOF の回数に絡んできますので2000年
より前か、後かの確認は重要です

そして他の項目と同様、何年に製造を
されたのかという年式は

あなたが今回買う車を次に手放す時に
再び意味を持ちます

ここまで・・・

中古車を探す場合に実車を見てチェック
するポイントを10項目紹介しました

今迄の説明でもお判りの様に、ある意味
全ての項目は販売価格に反映されてる!

とも言えますので

あなたが何を優先し何を妥協するのかで
購入の候補に挙がった車の価格と状態で
判断が分かれると思います

ただ、上記を実車でチェックして自分が
気になる箇所が有ったとしら・・其処は
値下げできるポイントでもあります

車の状態、価格、そしてもっとも大事な
あなたの優先順位

これらのバランスを考えながら、沢山の
車を見て行くのが大事だと思います♪

■3.車を買う手続き

もしかしたら、この手続きという響きは
あなたに難しそう面倒くさそう、なんて
イメージを与えてるかもしれません 笑

実際、ニュージーランドで中古車を購入
した場合の手続きというのは

・・・名義変更、これだけです!

※日本から車を持ち込むのに比べて
 かな~り楽ですね

後は状況に応じてREGOやWOF が切れかけ
の状態であれば更新の必要がありますし

あなたが保険に加入したいのであれば?
保険加入の手続きをしても良いでしょう

※ニュージーランドに日本で言う
 自賠責保険はありません

※日本で言う任意保険も、対人は
 ACC がカバーしてくれますので
 正に任意でどうぞという感じ♪

ちなみに・・・

車の保険についてはニュージーランドの
保険に関してという事で

新たに詳しく記事を書こうと思ってます
ので興味が有ればお楽しみに ( ̄▽ ̄)

で名義変更なのですが・・・

NZTA(NZ TRANSPORT AGENCY)の
取扱いになるのですが

窓口は色々有りましてNew Zealand Post
(郵便局)、AA、VTNZなどでも出来ます

そして最近はオンラインでも出来るので
手続きの為に一緒に待ち合わせして・・
などする必要も特に有りません

※まぁ車の受け渡しが有りますので
 その際に一緒に窓口に行く、のは
 一種の慣例みたいなモノですが

NZTAのサイト

車を売った側の手続き
https://transact.nzta.govt.nz/transactions/NoticeOfDisposal/entry

車を買った側の手続き
https://transact.nzta.govt.nz/transactions/NoticeOfAcquisition/entry

車の名義変更代は$9 前後だったと記憶
していますが、なにせ安かったです 笑

※通常は購入者が支払います

まぁここまで、車を買う手続きについて
解説をしてきて言い忘れてましたが

新車を購入する場合もしくは中古車でも
中古車販売店などの店舗で購入する場合

あなたがする事はお金を払って車の鍵を
もらうだけです 笑

全ての事務的な手続きはお店側のほうで
やって貰えますので、まぁ間違いも無い
ですし、実際にかなり楽ですよね

ただ・・・・世間一般の人の見立てでは
こういった一連の手続きで楽をする分

店舗系で車を買うのは割高なイメージが
有るようなんですが

僕の見立ては少し違ってまして・・・

やはり全ては相見積もりであり値引きは
可能だと思ってるので

お店に値引きを交渉することは、素性の
判らない売り手と交渉することよりも

僕個人としては、意外にやりやすいって
思うんですけどね~( ̄▽ ̄)。o0○

という事でここまで

ニュージーランドで車を買う、一通りの
流れに関してご紹介をしてきました♪

色々細々としたことでつまづく様な事も
有るかも知れませんが

基本的にはお店の人間でも個人間同士の
売買であっても、親切にしてくれる人が
多いのがニュージーランドなので

疑問に思う事が出て来たとしても教えて
もらいながらでも車の売買は上手く行く
とは思います

ただ、自分が知識として知っておく事は
やはり大事だと思うので

概略は覚えておいて、是非お気に入りの
マイカーをニュージーランドでゲット!
しちゃって下さいね☆