スポンサーリンク

ニュージーランドでガーデニングを楽しむ。ツアーや留学もあります

ニュージーランドのガーデニング!!!

これ、ニュージーランドに限った話では
ないのですが、例えば?

あなたが、今、外国に住まわれていたり
単に海外旅行で外国を訪れただけの状況
だったり

まぁ・・理由はともかくと致しましても
何らかのきっかけで海外にいらっしゃる
というような場合

もし、あなたが日本に居た時は普段から
ガーデニングに興味が有る!といった方
なのでしたら・・・

海外の国のガーデニング事情って
  一体どんな感じなんだろう・・・
 
  何を育ててる?日本との違いは?
  どんなお店を利用してるの?

どこに行けば実際ガーデニングを
  してる所や庭園を観れるの?

  ※鑑賞ツアーなど

ガーデニングや園芸、造園設計等
  学ぶ為の留学の学校やコースは?

などと、いわゆるガーデニングに関わる
疑問が出て来る方もいらっしゃるのでは
ないかな?と思います

そこで、まぁ僕は今ニュージーランドに
居ますので 笑

ニュージーランドのガーデニング事情や
鑑賞ツアー、留学の話しなんかも含めて

今回は簡単に紹介をしてみようと考えて
いる次第です♪

ニュージーランドのガーデニング

ニュージーランドガーデニング事情

で、広く海外・・・という話しでは無く
ニュージーランドについての話しですが

この国って実は・・「世界の箱庭」って
呼ばれることがあったり

南島のクライストチャーチ市に至っては
ガーデンシティ―という名で親しまれて
いたりするぐらい

庭=ガーデンと縁が深い国っていう様な
言い方も出来たりします

まぁ例えガーデニングと縁が深い国とは
いいましても?

個人レベルや各ご家庭レベルで取り組む
ガーデニングに関しては日本と比べると
どうなの?っと考えた場合・・・

実は、周りの人が取り組む意識的なモノ
としてはほとんど同じだと思うんです

日本でも普通に皆さん、ガーデニングを
趣味でされてる方って多いですよね?

お花や枝・葉の方面なのか?野菜や果物
の方面なのか?といった違いが有ったり

マンションのベランダなどで手軽に実施
されてるケースから

お庭で場所を取って本格的にされている
ケースまで規模もバラバラでしょうけど

日本でもべつに特別な趣味という程では
無く、誰でも気軽に取り組まれてるモノ
だと認識しています

じゃニュージーランドの場合どうなの?
と考えますと、実際暮らしていて思う事
としましては・・・

≪ニュージーランドのガーデン事情≫

★ニュージーランドは日本と比べて
 戸建ての家が圧倒的に多く

 庭の敷地が圧倒的に大きい事から
 ガーデニングの普及率が高い環境
 は整ってる

★これをいうと怒られますが・・・

 娯楽の多くないニュージーランド

 ガーデニングはニュージーランド
 国内で楽しめる、手軽に始めれる
 趣味の筆頭! (//∇//)

★日本同様に四季が有り、ある意味
 日本より温暖な気候なため

 作物を育てやすい気候の状況とも
 いえます

★上記を受けた内容にはなりますが
 ガーデニングされる方を支援する
 環境として

 ガーデニング専門店や大型店舗が
 広く国内全域に普及してる

つまり取組み自体、普通の人が考えてる
ことって、そうは日本の人と変わらない
って考えるんですが

庭の広さとか?お店の数とか?環境面で
やりやすい状況にあるのは間違いないと
思います

ニュージーランドで何を育ててる?

まぁこれは、人それぞれ千差万別・・・

何処の国でも各人の好みで全く違う事を
されてると思うんですが

まず最も身近な自分の例でいいますと?

ウチの場合は、お花・・・というよりも
食べれる物主体で育てています 笑
(いわゆる家庭内事情です)

★ウチの例

・ネギ
・パセリ
・レタス
・チンゲン菜
・きゅうり
・ニラ
・小松菜
・春菊
・そら豆
・なすび
・おくら
・ニンジン
・紫蘇
・ズッキーニ
・大根
・トマト
・白菜
・レモン
・ピーマン
・苦瓜
・いちご
・フィジョア

これらを育てるのに何か、特別なことを
してるのかと問われたら・・・実は特に
何もしておらず 笑

上記の例というのは比較的簡単に誰でも
育てれる種類のモノなんだと思います♪

これは日本でも同じコトがいえるのかも
しれませんが

ニュージーランドの場合、冬場になると
野菜の値段が高騰する傾向にあるので

そんな時、それをまかなえるって程では
決して無いのですが

育てる量によっては?十分助かるぐらい
栽培する事はそう難しいことでも無いと
思います

まぁ逆に?そんな事情も、もしかしたら
お手軽ガーデニングが普及するベースに
あるのかもしれません( ̄▽ ̄)。o0

ガーデニング専門店やショップ

実際、大小含めまして色々とショップは
有ると思うんですが

ここでは、現在ニュージーランド国内で
普及しています大型チェーンを4つだけ
ご紹介しておきますね

★Kings Plant Barn

WEB:https://www.kings.co.nz/

★Bunnings Warehouse

WEB:https://www.bunnings.co.nz/

★Mitre 10

WEB:https://www.mitre10.co.nz/

★Warehouse

WEB:https://www.thewarehouse.co.nz/

上記チェーンはどこのショップも非常に
敷地を大きく構えており

ガーデニング系のみならず、家に関わる
全般、DIY含めて広く取り扱ってるので

実際、お店に行くだけでも結構楽しめる
と思いますよ~

※日本のホームセンターのイメージです

ガーデニングの鑑賞ツアー

これはあまり日本には無い?ツアー形式
かもしれませんが

観光名所ではなくてガーデン巡りツアー
とでもいうんでしょうかね?

そもそもニュージーランドで実施をして
いるのもほぼクライストチャーチだけに
なると思いますが

この都市ならではのガーデンコンテスト
入賞経験を持つプライベートガーデンや

町内一丸でガーデニングに取り組んでる
環境美化道路というのでしょうか

そういった庭園を見て周るツアーという
のが何気に人気が有ったりします

例)

日本語ガイドと行く!
ぷちガーデンツアー
https://activities.his-j.com/TourLeaf/CHC0051.htm

ガーデニング文化発祥の地と言われてる
イギリス

そして世界の中で最もイギリスらしいと
されるクライストチャーチ

そういった場所においてガーデニングの
造形美を鑑賞するツアーに参加するのは

庭園好きな方にとりましては中々貴重な
経験だと思います♪

ガーデニング留学

日本の方からすると、どうして海外で?
なぜニュージーランドに留学??という
部分があるかもしれませんが

上でも書きました通り、ガーデニングの
文化の発祥の地であるイギリスの文化を
色濃く受け継ぐニュージーランドでは

ガーデニング(だけでは無いのですが)
に関するスクールやコースの設定が多数
有りまして

日本からだけでなく、様々な国から留学
という形で学びに来る学生を呼び込んで
います

基本ガーデニングや園芸、造園設計など
を学ぶ場合(留学ではなくても)

Horticulture=ホ―ティカルチャー分野
を専攻することになりますが

ホ―ティカルチャー分野のコース設定が
有る学校は・・・意外に多いんです 笑

★Franklin Institute of Agri-Technology

WEB:http://www.fiat.ac.nz/

★Eastern Institute of Technology

WEB:https://www.eit.ac.nz/

★Southern Institute of Technology

WEB:https://www.sit.ac.nz/

★Manukau Institute of Technology

WEB:https://www.manukau.ac.nz/

★Lincoloin University

WEB:http://www.lincoln.ac.nz/

★Massey University

WEB:http://www.massey.ac.nz/

実際、各学校は色んな所にキャンパスを
持っているのですが

必ずしも通学をしなければならないのか
といえばそうでもなく

通信教育を実施してる学校・コース等も
結構有るので

興味が有るモノが有れば、色々と調べる
価値は大きいと思います

※永住者は無料で学べるコースも
 有ったりします

という事で、今回はニュージーランドで
ガーデニングを楽しむという事について

この国のガーデニング事情についての事
庭園鑑賞ツアーや留学に関してもご紹介
してみました

ガーデニングと一口にいっても?僕達が
個人や家庭で楽しんでするレベルから

将来自分が進む職業として、学業として
学びたいというレベルまで多様な要素が
有ると思いますが

それら全て含めたニュージーランドでの
ガーデニング・・・

あなたも是非楽しんで欲しいと思ってる
次第です☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする