スポンサーリンク

ニュージーランドでクーポンの利用は外食生活で超絶お得!

食べるの大好き、寝起きの羊です♪

今回はみなさんに、超絶・お得な情報を
お伝えしようと思います

ハイ!
かなり大袈裟に申しております 笑

単刀直入に何かというのを申しあげると
クーポンの利用なんですが・・・

そんなの日本では当たり前じゃん
  (何故か関東弁?)

とか

記事のタイトルで誰でも判るやん
  (何故か関西弁?)

という突込みは無しでお願いします 笑

とにかく、僕の先入観?固定観念??で
ニュージーランドに移住して来た頃から
思い込んでいたんですが

そもそも、このニュージーランドの国に
クーポンの仕組みなんてある訳がない!
と本当に思ってました

あっ!・・・( ̄▽ ̄;)

冒頭から大事な説明をしていないままで
話し始めていましたが 汗

ここで僕の言ってるクーポンとは・・・


共同購入とか単なる値引とかも含め
色んな会社の割引き情報をまとめて
紹介してるサイトを指しています

日本で言う所のボンパレ、RaCoupon
グルーポンなどのイメージ

なので、勿論、たとえニュージーランド
みたいな南の端っこにある小さな国でも

マクドナルドやケンタッキーなどなどの
大手外食フランチャイズが、

クーポンを発行しているだろうな~とは
思っていましたし

中小のレストランやカフェだって独自に
クーポンぐらい作ってるだろうなぁとも
考えてましたよ 笑

けどね・・・

日本の生活にあれだけ浸透してるような
あのクーポンの仕組み

あんなのは無いでしょう~って、ずっと
思ってた訳なんですよね~

だってどうしたってニュージーランドは
日本と比べたら、サービス産業の水準が
低そうだし

そもそもですが、会社やお店から彼らの
お客さん(消費者)をみたとしても

マーケティングや広告業界等の会社から
物販であれ飲食業であれ、クライアント
となる会社やお店をみたとしても

その、規模や数の市場(マーケット)が
あまりにも小さ過ぎるというイメージ

こういうイメージが頭に有ったりすると
かなり普通に

「ニュージーランドなんかにクーポンの
仕組みが有る訳が無い」 ┐(  ̄ー ̄)┌

とか思っちゃってた訳なんですよね~♪

では有りますが・・・

ここはニュージーランドの名誉の為にも
僕の思い込みを訂正しておきますが 笑

ニュージーランドにクーポンの仕組みは
ございました~ (//∇//)ハズカシ~ 

しかも中身を詳しく見て行くと?何気に
超絶お得だったりもしまーす!

と言う事で在住者の方も、勿論、旅行で
短期間だけ滞在される方も使える便利な
クーポンを次章で紹介いたしますね!

●ニュージーランドのクーポンはこの2社を押さえるべし

では早速なんですがニュージーランドで
お得に使えるクーポンをご紹介致します

探せば・・・他にも小さな所はいくつか
有ると思うのですが

ニュージーランドでクーポンを使おうと
思うのなら

この2社を押さえておけば十分かな~と
考えます

GrabOne(グラブ・ワン)
WEB:https://new.grabone.co.nz/auckland

GROUPON(グルーポン)
WEB:https://www.grouponnz.co.nz/

日本で余りなじみのないグラブ・ワンと
結構、親しみのあるグルーポンですね♪ 

僕が日本にいた時も本当にたまにですが
クーポンを利用はしていました

ただ本当、頻繁に使ってた訳ではなくて
適度に外食に行く時に思いだしたように
使っていたぐらいなだけなので

・クーポンの種類に(外食以外に)
 どんなものがあるのか?

・クーポンの割引率ってどんな物に
 どれぐらい適用されるのか?

ぜんぜん把握する程にはしらなかったん
ですよね~

ただ、僕はニュージーランドにきてから
色々外食する機会もふえたんですが

一つ、残念なお知らせとして、今住んで
いますここオークランド・・・

昨今、物価が上がってきているのを肌で
感じています

この物価の上昇は、ニュージーランドの
外食産業にも大きく影響を及ぼしている
もようでして

日本にいた時と比べると、圧倒的に外食
することが高い!と思う様になりました

勿論一概に「■■を食べた場合の値段」
というのを、ニュージーランドと日本で
比較することって出来ないのですが

※為替のレート、平均の給与水準など
 いろいろ関係してくるので・・・

ただ、少なくともこの10年、15年の間で
外食の色んなメニューの値段が高騰して
きたのは痛感しています

つまりこの、実際の生活上の物価の感触
というのは中々文章で伝えきれませんが

どんどん普通の人が普通に外食するのが
高過ぎると感じる料金に変わって来た!
・・・みたいな感じなんです

ですが、ここでクーポンの登場です♪

前述のとおりで、僕は日本のクーポンの
こともそれ程詳しい訳ではないのですが

ニュージーランドのクーポンは30%引き
40%引きは当たり前

2for1(2つで一つの料金)も多くて
これなら50%引きですよね

こうなってくると、外食の料金も普段の
生活で手の届く範囲に近づいてきます

と言うか?僕からすれば、やっとこれで
普通の料金設定になった位のイメージ?
なんですけどね 笑

と言うことで、あなたがお金持ちの場合
僕のここまでの必死の解説は、特に何の
意味も持たないのですが 汗

もし、ごくごく一般的な方であるならば 
超絶・お得な情報と言うよりも?

もはやこれ無しでは外食は厳しい~!!
くらいに考えて貰って良いと思います

 

●ニュージーランドのクーポンはディールを待つべし

ニュージーランドのクーポンについての
概要は上記サイトを確認して頂くとして

ここではもう一つあなたに覚えておいて
もらいたい必殺技を伝授しておきます

ハイ!
かなり大袈裟に申しております 笑

あっ!必殺技のその前に・・・

サイトを見て頂けると、僕が良く利用を
しているレストランやカフェなど飲食業
も勿論あるんですが

他にも、様々なジャンルがあるのがご覧
頂けると思います

・美容

・物販

・習い事・ワークショップ

・アクティビティー

・旅行・ツアー

・車関連

・住宅関連

他にもいろいろ有りますが、こういった
ジャンルというのはもしかしたら日本と
そう変わりないのかも知れません

ただニュージーランドでクーポンを使う
ということを考える場合

これって単に、地元住人だけが利用する
だけのモノではないと思うんですよね

だって、旅行中に僕のイチオシの飲食業
で使えるのは勿論のことですが 笑

アクティビティーだってお土産の購入に
だって使えるんですからね

日本の方は海外旅行してまでクーポンを
使うことに、ちょっと?抵抗があるかも
しれませんが

もっと気楽に手軽に使ってしまってよい
のがクーポンだと思うんです

例えて言ってみると、神戸の人間の僕が
友達に用事があって大阪にでかけてて

じゃあ、これからご飯食べに行くときに
ちょっとホットペッパー見とく?

・・・みたいな♪

つ、伝わってますか・・・( ̄▽ ̄;)

まぁ、たとえのクオリティーについては
多少の問題が有りそうですが 汗

少なくとも、すでにニュージーランドに
いらっしゃってて働いてたり勉強したり
生活されてる方はもちろん

海外旅行で短期間だけニュージーランド
に滞在されるご予定の方にも

是非クーポンはもっと積極的に利用して
欲しいな~と考える次第です

で、このクーポン購入時の必殺技です!

実は、全然たいした話しでは無いことを
ここで白状いたしますが 滝汗

何かと言いますと、グラブ・ワンの方も
グルーポンの方もキャンペーンというか
割引きディールを実施するんですね

で、グラブ・ワンの方は、頻度としては
かなり少なくって

しかもディールもかなりショボい内容に
なっています。。。

★グラブ・ワンのディール

$1で$5のクレジットを購入

なので、ほとんど気にしなくて良い内容
と言えるんですが

グルーポンのディール、こちらが凄い!

★グルーポンのディール

通常の価格より更に5%ディスカウント
10%、そして15%の時も有ります

しかも頻度が多くて、最近ではほぼ毎週
のように10%割引きを実施していますし
15%割引きも月一回以上くらいの確率

これ、繰り返しますが、通常の内容から
さらに加えて、という話しですからね!

つまり 2for1(2つで一つの料金)の
内容が有って

更に15%引きのディールの時にクーポン
を購入すると・・・

その金額、元の42.5%! (≧▽≦)

貧乏症の寝起きの羊・・・

嬉しくってしょっちゅうカフェランチに
利用させて頂いてます♪

是非あなたもこの必殺技・・と言う名の
普通のお得情報を覚えといて下さいね☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする