スポンサーリンク

ニュージーランドでコーヒーのお土産。オススメは何が良い?

この記事は約 12 分で読めます

ニュージーランドのコーヒー豆

ニュージーランドのコーヒーをお土産に
持って帰りたい!

こういった話しというのは、昔から僕も
少しは聞いていたりしました

ただなんとなくですが、最近はその数が
だんだん増えてるような気がしています

これは、もしかしたら・・の話しなので
根拠や確証は無いんですが

ニュージーランド発祥のカフェだったり
コーヒー豆の販売会社、ロースター等が
最近どんどん日本に進出して来てるので

少しづつでも、ニュージーランドで販売
されているコーヒーの知名度が上がって
来てるのでは?

な~んて喜びながら想像してるんですが
如何でしょうかね~ 笑( ̄▽ ̄)

エスプレッソコーヒー

ですが
ここで、皆さんに一言申し上げておくと

ニュージーランドのコーヒーブランドは
何も日本に進出している所だけじゃない
って話しです

※まぁ当たり前なんですが (//∇//)

そこで!今回は皆さんがご存知かどうか
は別にしまして

ニュージーランドで現在販売されている
コーヒーの中でも

特に!地元の人に愛されてるコーヒーを
お土産用として幾つかご紹介をしたいと
思ってるんですが

まぁ海外旅行中のお土産なんていうと?
食べ物・飲み物は定番といいますか

恐らく、目的地がニュージーランドには
限らなくてもお土産ジャンルの王道だと
思います

そんな中で、食べ物の方は置いておいて
飲み物に話しを絞った場合

ニュージーランドに旅行でいらっしゃる
人達の最も関心を引くお土産はというと

・・・ワインです♪

コーヒーではないんですよね~ 笑

ニュージーランドのワイン

まぁ

ある程度お土産として風格がある
 という部分でも

日本ではまだそんなには流通して
 なくって、希少価値がある点でも

昨今、ニュージーランドワインが
 世界的に脚光を浴び始めてる点も

ニュージーランドのお土産で、飲み物と
言えばワインが人気になってるのは事実
なんですよね

※まぁワインの話しもいずれ記事に
 したいと思っていますが

ただですね

元・カフェオーナー兼バリスタである僕
といたしましては・・・

ニュージーランドのコーヒー豆の人気を
お土産っていう様なカテゴリーからでも
もっと盛り上げたい! Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

って気持ちがあるんですよね~ 笑

という事で前置きがちょっと長くなって
しまいましたが

ニュージーランドのコーヒーでお土産に
おすすめしたい、愛すべきコーヒー豆を
いくつかご紹介していきますね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ニュージーランドのコーヒーでお土産におすすめのラインナップ

では早速ニュージーランドのコーヒーで
お土産におすすめの

地元でも人気の高い商品をこれから紹介
していきますね

っとその前に二つ!当たり前のお話しを
しておきます

一つ目はコーヒーをお土産として買って
帰るつもりであれば

・コーヒー豆そのもの
・フィルターorプランジャー用
・エスプレッソ用
・インスタント

などとその用途を決めておくと買う時に
商品を選びやすいと思います

特に、贈る相手が特定の飲み方をされる
ような場合なら?

購入前に、事前に確認をしておいた方が
良さ気ですよね

ニュージーランドのカフェでコーヒー

次に2つ目ですが・・・

いくら今回の目的がお土産用ということ
だったとしましても?

モノはコーヒー(orコーヒー豆)です!
残念ながらお土産屋では売っていません

※お土産屋さんで売っている
 得体のしれないコーヒーも
 あるとは思いますけど 笑

基本的に購入する場所としてはコーヒー
の豆を焙煎してる所(=ロースター)や
カフェ、そしてスーパーマーケットなど
になります

ただ、ロースターやカフェとなりますと
場所に依っては旅行中に買いに行くのは
少々厳しかったりもします

なので、今回はスーパーマーケットでも
購入可能なコーヒーを中心におすすめの
一品を紹介していきますね♪

お土産におすすめのコーヒー6つ

Allpress Espresso – Full City
 (オールプレス・エスプレッソ)

WEB:
https://nz.allpressespresso.com/

ニュージーランドのオールプレスコーヒー

ここまで書いてきたことを全く無視して
いきなり一番最初にスーパーで買えない
コーヒーを紹介してごめんなさい 汗

どうしても!コレに関してだけは紹介を
しておきたかったので (//∇//)

お察しのとおり?僕がカフェをやってた
時代に一貫して使用し続けたコーヒー豆
になります 笑

オークランド、いやニュージーランドを
代表する人気コーヒーの一つ

口当たりの良いなめらかな味わいでして
クセもそんなに無いので飲みやすいって
思います

まぁ既に日本に進出を果たしてますので
お土産にどうなのか?は意見の分かれる
ところですが

逆に言えば、日本で飲んでみて好みの味
という事なら現地で買っても良いのカモ
ですよね♪

※豆、フィルター用、プランジャー用
で購入出来るのでお好みで

Karagoz – Barista Blend
 (カラジョー)

WEB:
https://www.karajoz.co.nz/

スーパーで売ってるカラジョーのコーヒー

さまざまな受賞歴を持つ、オークランド
のコーヒー豆の超老舗の会社

赤い帽子にひげをたくわえた鼻の長~い
おじさんのイラストがとっても印象的な
カラジョー

普段街を歩いてても、この豆を使用する
カフェが歩道に出しているカラジョーの
看板をあちこちで目にします

※それぐらい取扱店が多い

深い味わいと共に、少し酸味が効いてる
コーヒーをお好みの方におすすめです

Avalanche Coffee – Melt Organic
 (アヴァランシェ・コーヒー)

WEB:
http://www.avalanchecoffee.co.nz/

アヴァランシェのコーヒー

2001年創業のアヴァランシェは、中堅の
コーヒーの会社と言えますが

2011年の「ニュージーランド・コーヒー
・アワード」で金賞に輝いてから一挙に
台頭してきました

オーガニックのコーヒー豆をていねいに
ブレンドした味わいは

とってもバランスが良くて、クセの無い
安定した、マイルドな仕上がりになって
います

Robert Harris – Harris Blend
 (ロバート・ハリス)

WEB:
http://www.robertharris.co.nz/

ロバートハリスのコーヒー

ワールド・バリスタ・アウォードの主催
をしたり

フランチャイズ・カフェとしてのTV宣伝
に積極的だったり

とにかくメディアへの露出という点では
ニュージーランドNo,1の会社

チャラい?イメージも有ったりしますが
歴史も古く、知名度は抜群です

コロンビア、パプアニューギニアそして
東アフリカのコーヒー豆を

完璧にブレンドした中煎りのこの一品は
ハリスの名前を冠した人気商品の一つに
なっています

Scarborough Fair
– Dark Roast Ground Coffee
 (スカボロー・フェア)

WEB:
http://www.scarboroughfairfoods.co.nz/

100%フェアトレードを掲げ コーヒー豆
を摘む女性のイラストをモチーフにした

インパクトのあるオーガニックコーヒー
の会社、スカボロー・フェア

2004年に創業した会社ながら翌年の内に
一年もたたずして、ニュージーランドと
オーストラリアの1500以上のスーパーに
商品を卸す実績を作ってます

ダークローストではあっても強い苦みを
感じさせず、その上酸味やコクといった
バランスが絶妙の一品はとても人気です

チョコレートアロマの香りも良い感じの
魅力になっています

Havana Coffee Works – Five Star
(ハバナ・コーヒー)

WEB:
http://www.havana.co.nz/

ニュージーランドを代表するコーヒー街
ウエリントン

※いつもオークランドとどちらが?
 という議論が有る 笑

そのウエリントンの中にあってもひと際
人気の高いハバナ・コーヒー

中でもこの Five Starは日本人にも定評
があって

あっさり&スッキリとした味のなかにも
深みが感じられる極上の一杯とも・・・

好みにも依りますが、コーヒーのお土産
としましては、無難な選択とも言えるの
かも知れません♪

という事で

今回は、ニュージーランドのコーヒーで
お土産におすすめする商品を全部で6つ
ご紹介致しました!

本来コーヒー豆屋さんで販売してる物や
カフェで販売してる物など

他にもおすすめしたいコーヒーは幾つか
有ったりするんですが

結局のところ僕の持論でもあるんですが
どれを美味しいと感じるか?思うのか?
なんて・・・

人それぞれの好みですよね (//∇//)

どんなにお偉い評論家の方がすすめても
または大勢の方から凄く人気があっても

自分が良いと思う味が、それとイコール
・・なのかどうかは、また別の話しです

それが更にお土産ともなれば( ̄▽ ̄;)

コーヒーのお土産って、そういう点では
当たりも、ハズレも、結果が想定される
中々厄介なシロモノかもしれないですが

思わぬ味に出会えた!

期待して無かったけど凄く美味しい!

などなど、嬉しい声を貰えるのも、また
一つの事実です

ダメ元で・・・
なんて言うと、語弊があるんですが 笑

是非、ぐっと睨んでニュージーランドの
お土産の中にコーヒーを加えて頂けたら
って思う次第です☆