スポンサーリンク

ニュージーランドのゴミ分別とその問題の事情を探ってみた!

今回は、ニュージーランドのゴミ分別と
ゴミ問題それぞれについて紹介しようと
思います

まず・・そもそもなぜ2つのトピックを
一緒に取り上げたのかと言いますと

このゴミ分別の話しとゴミ問題の話しは
ニュージーランドではかなりリンクして
いまして・・・

切っても切れない関係? (//∇//) 笑

なので・・これはもう一つの話しだけを
するのではなくて

両方まとめて話す方がいいだろうと思い
合わせて紹介する事にしました♪

だからもしかするとあなたはゴミ分別や
収集のことだけを知りたかったのかも?
知れないし

反対に、ゴミ問題(メインはごみ処理の
話し)のことを知りたかっただけ・・・
なのかも知れないのですが

まぁせっかくの機会なので・・・

※って僕がそういう風に誘導してる
 だけなんですが(≧▽≦)

ゴミ分別の話しもゴミ問題の話しも両方
聞いて頂ければ幸いです

●ニュージーランドでゴミ分別の現状

ニュージーランドでゴミ分別の現状は?
と問われたら

僕は日本から来てる移民になりますので
比較対象が日本になってしまうんですが

日本と比べると、ずさん・・・とまでは
言いませんが、まぁユルイと思ってます

まぁユルイという言い方が適当かどうか
定かでは無いんですが

 

簡単に言ってしまえば「いい加減!」と
いうことです♪(余り変わらない? 笑)

いい加減の根拠というのは、実際ゴミを
収集する際の、分別の種類が少ないって
ことも有るんですが

人のご家庭の話しを聞いたり、実際街に
ゴミ出ししている状況を見たりすると

その分別の仕方が「ソレ違うでしょ!」
ってコトが往々にしてあることからも

ニュージーランドのゴミ分別って、まぁ
こんな程度だよね~と思う訳です

更にいえば政府の方針です

ここ数年、このゴミの分別方法というか
ゴミの収集方法が、コロコロ二転三転と
変わってます ( ̄(工) ̄)

これは、後で紹介するゴミ問題と密接に
絡んでいるのですが

いずれにしましても、方法自体が何だか
どんどん面倒臭いやり方に進んでますし

※最新の方法はタグを毎回ゴミ箱の
 取っ手に付ける必要がある

ゴミ収集の方法が変わり以前のゴミ箱は
回収するって告知した後で、やっぱり又
再利用することになったりで・・・

本当に十分検討してから決めてるの?と
疑いたくもなって来ます

という事で散々愚痴を吐きましたが 笑

では現状ニュージーランドのゴミ分別は
どうなってるのか?ですが

僕は今オークランドに住んでいますので
ここを例にしますが

まず、ゴミの分別は2種類のみです。。

2つに分けることだけで、もはや分別と
いう言葉を使って良いモノなのか?って
疑問だったりもするんですが 汗

今のゴミ分別の種類は・・・

■Rubbish(普通ゴミ)

 
スーパー等で市販されてる専用の
タグ(=長いステッカー)を買い
 
市役所から提供されている専用の
ゴミ箱にタグを付け家の前に出す

※週1回で毎週回収

■Recycling(リサイクルゴミ)

市役所から提供されている専用の
ゴミ箱に入れて出す

※毎隔週で回収(2週間に1回)

という感じです

ちなみに普通とリサイクルのそれぞれの
ゴミ箱の中に何を捨てるべきなのか?と
何を捨てるべきでないのか?については

以下のページに紹介されてるので、確認
してみて下さいね

What you can put in your rubbish
https://www.aucklandcouncil.govt.nz/rubbish-recycling/rubbish-recycling-collections/Pages/what-put-your-rubbish.aspx

What you can put in your recycling
https://www.aucklandcouncil.govt.nz/rubbish-recycling/rubbish-recycling-collections/Pages/what-put-your-recycling.aspx

ただ個人的には

新聞紙・雑誌とペットボトル・瓶・缶を
一緒のゴミ箱に入れるというのは・・・

やはり気持ちとしては、未だにかな~り
抵抗が有ったりします( ̄▽ ̄;)

で、話しをまたゴミ出しの方法に戻すの
ですが

2種類のゴミ箱に入れて出すのに片方は
タグを購入して毎回付ける必要が有り

もう片方はゴミ箱に入れるだけってのは
不可解な内容ですよね?

ここで不可解と書きましたが
調べました 笑 _φ( ̄ー ̄ )メモメモ

まずリサイクルの方に関しましては・・

ニュージーランドの場合持ち家に掛かる
税金(固定資産税)に、Rates(レイツ)
ってものがありまして、市役所に支払う
必要があるのですが

このレイツの中にリサイクルゴミ回収の
経費とかゴミ箱の費用なんかも含まれて
いるようなんです

それに比べて普通ごみの方は、そういう
経費が税金には含まれては無い為に

毎回のゴミ収集の費用をタグを購入して
まかなうといった方法をとっています!
※今年から・・・

そう!なんとこの方法って2018年の今年
からの変更になんですよね~

この一つ前の方法はタグの購入では無く
オレンジ色のプラスチックバッグを購入
する必要があったんですが

単に普通ゴミはその袋の中に入れて出す
というだけだったので、タグに比べると
まぁ面倒では無かったんです

その頃はゴミ分別の方法も少し違ってて

普通ゴミ:市販の指定のゴミ袋に
入れてそのまま出す

リサイクル:市役所から提供され
ているゴミ箱に入れて出す

リサイクルのモノの中で、紙ゴミ
だけは別にまとめてそのまま出す

という3種類のゴミ分別でした

僕的には・・この方が判りやすかったと
思うんですけどね~( ̄▽ ̄)。o0○

●ニュージーランドのゴミ問題の現状

ニュージーランドのゴミ問題もこまかく
見れば色々有ると思うのですが

大きな話しとして、まず予算が余り無い
という事から施設が少ないということが
挙げられます

特に問題なのはゴミ袋を含めたいわゆる
プラスチックバッグといわれる袋!

これを処理する施設が無い!というから
問題です ┐(  ̄ー ̄)┌

それが原因で、上述してきたゴミ分別や
ゴミ収集の方法が二転三転と変更される
羽目になってる訳なんですが

現状どうなっているのか?と言いますと

まず普通ゴミは上で書いた様に最終的に
市役所提供のゴミ箱にタグを付けて出す
のですが、それにしても

皆さん家庭内では何かしらの袋に入れて
出すことがほとんどですよね?

なので・・・
今はこれをそのまま処理せず埋めてます

ただ、当たり前ですがこれが現在色々と
問題になってるものの、解決の見通しも
立たずという状況で

今は民間の団体がスーパー等と協力して
このニュージーランドでは処理できない
プラスチックバッグをの自主回収を行い

なんと・・・
オーストラリアに輸送してる有様です!

この現状を考えるとニュージーランドの
ゴミ分別やゴミ収集の方法も

まだこれから変わって行く可能性は十分
有りそうですよね ( ̄▽ ̄;)

結局、何処の国でもゴミ問題って有ると
思うんですが

※日本も技術的には無くても処理場の
 場所の問題や処理後のゴミ捨て場の
 問題などは各地で有る

自然が豊かでクリーンなイメージを持つ
ニュージーランドでも

こういった問題は有るんだ!という事は
認識しておく必要アリですよね☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする