スポンサーリンク

ニュージーランドのお店の年末年始や土日の営業をチェック!

ニュージーランドのお店って年末年始に
営業してるの?

これ!・・・海外旅行で、丁度その頃に
いらっしゃる方なら気になる内容かなと
想像します

勿論、皆さん日本の場合ならある程度の
ことは想像もつくでしょうし

そもそもが自分の目的に沿ってネットで
詳細に調べたり、誰かに聞くことだって
簡単に出来ることだと思います

ですがこれが海外という事なだけで?!
(今回はニュージーランドですが)

その国の事情というのが余り判らないし
聞くことや調べるという事も簡単でない
場合もあったりしますよね

そして一番ネックになって来ますのが?

自分が特定のお店に行こうと予定してる
のであれば、まだ少しは調べようも有る
話しなのですが・・・

特にそういった訳では無いケース?!

行ってからホテルの周りを散策して
  気に入ったレストランで食事したり

ファッションブランドのお店で洋服
  バッグなどを見てみたり

お土産屋をのぞいては、気に入った
  ものを物色してみたり

ファーストフード店やカフェなどに
  気軽に入って休憩したり

こういう「ニュージーランドに年末年始
渡航した場合の、適当にその辺のお店が
どんな状況なのか?」なんて・・・

調べようが無いと言いますか、現実的に
確認するのって無理がありますよね 汗

そこで!僕も個別にニュージーランドの
お店が年末年始どうしてるのか?なんて
調査するのはムリなんですが 笑

大体の感じといいますか傾向としまして
ニュージーランドのお店が年末年始の頃
どういう状況なのか・・・

というのをなかなかうまく説明するのは
難しいのですが、何とか全体的な流れを
解説してみたいと思います!

それとあと、旅行でいらっしゃる方々に
同様に良く聞かれる内容として

ニュージーランドのお店は土日も普通に
開いてますよね?という質問があるので
こちらについても後半に紹介致しますね

※実際、年末年始にだって
 土日は有る訳なので 笑

●ニュージーランドのお店の年末年始の事情

まずニュージーランドのお店の年末年始
全体の事情を語るうえで

少しそれに関係する背景を説明しておく
必要があると思うので

直接的には関係が無いのかもしれないん
ですが、ちょっとお時間下さいね

実はニュージーランドの年末年始に実際
お店が開くかどうかを決めるポイントが
2つ有ると思ってまして・・・

一つが暦上の祝祭日、そしてもう一つが
それと連動する雇用形態になります

順番に説明すると

まず、暦の上での祝祭日ですが、これは
読んで字の如くその通りの話しでして

ニュージーランドには「正月の三が日」
という習慣?文化?は有りません 笑

そしてニュージーランドのお店は通常は
かなり忠実に暦通りに営業します

ここでニュージーランドの毎年決まった
暦上の祝祭日で、特に年末年始に関わる
部分だけを抜き出して紹介しておくと

Christmas Day
 25 December(12月25日)

Boxing Day
 26 December(12月26日)

New Year’s Day
 1 January(1月1日)

Day after New Year’s Day
 2 January (1月2日)

年末年始に絡んできそうなのはこの4つ
ぐらいですが

もし、この4つのどれかが土日にかかる
ような場合なら、翌週の平日が振替休日
になります

これは当たり前ですが、この4つがどの
曜日に掛かるのかはその年その年で勿論
変わりますので

詳しくは、ニュージーランド政府が紹介
している祝祭日のページを御確認下さい

https://www.govt.nz/browse/work/public-holidays-and-work/public-holidays-and-anniversary-dates

次にこれに連動する雇用形態という話を
しますね

要はニュージーランドの、特に会社員と
いう場合では無く

今回の場合で言うような、旅行者に関係
が有りそうな業種のお店で働いている人
の場合・・・

大雑把に言ってしまいますと年末年始に
働く人というのはシフトで決めていると
思われますが

それはすなわち、事前に決まってるもの
では無いという大前提が有ります

ここで決定権を持っているのは勿論の事
ビジネスオーナー(もしくは、人事権を
持ったマネージャーなど)ですが

ニュージーランドの場合、まず、普通の
祝日に人を働かせる場合

給料は通常の1.5倍、更に代休の付与も
義務付けられて、実質2.5倍の支払いが
発生してしまいます

これをビジネスオーナーがいったいどう
考えるのか・・・

当り前の話しですが、こういった人件費
の他にも、家賃や光熱費などのあらゆる
経費を掛けて

それ以上の売り上げが立つと言いますか
儲かる目途が立たないならお店を開ける
意味も無い訳なので

いつも以上にシビアな選択を迫られる訳
ですが、何とそれだけでは無いのです!

ニュージーランドの場合、特定の祝日は
業種によってそもそもお店を営業しては
いけません!というルールがあるんです

これに反してお店を開けたい様な場合は
役所に申請をしたり、お金を払ったりと
更に経費が発生する羽目に ( ̄▽ ̄;)

で、大元の、ニュージーランドのお店の
年末年始の事情に話しを戻すのですが

上記でお話しをしてきました通りでして
ビジネスオーナーはこの年末年始

カレンダーの暦とビジネスの様々な事情
を考慮して、お店を開けるのかどうかを
決める事となりますが

一般的な考え方としてニュージーランド
程度の市場規模であれば相当に厳しい!
という現状があったりします

そこで!
ここまでの背景の説明内容も含めまして

僕がオークランドに見る年末年始のお店
の開け具合の傾向を解説してみますと?

1.上の説明でニュージーランドでは特定
の祝日には、業種によってそもそもお店
を開ける事が出来ないと書きましたが

ルールとしては旅行(観光客)に関わる
業種のお店は開けても良いというコトに
なっています

具体的にはホテルやホテル併設されてる
レストラン、ガソリンスタンド等

なので、まぁ当たり前の話しなんですが
そもそも、飛行場関連、宿泊施設関連に
ついては

年末年始も祝日も含めまして、心配され
なくても大丈夫です

2.お土産屋さん関連はクリスマスデーや
ニューイヤーデーの扱いが、どうなって
いるのかが不明なのですが

少なくとも年末年始は営業している所が
ほとんどです(特にダウンタウン)

ハッキリ言えば、一年を通してのなかで
一番の儲けどきなわけなので、お土産屋
に関しても心配は無用です

※但し12/25、1/1は基本休み

3.アパレル関係は、地元の人に対しては
クリスマスやボクシングデー迄は需要も
見込めるのですが

特に年末年始となると、旅行客・観光客
の需要は当て込みにくいのか?休業する
お店が多いです

4.一番読みにくいのが飲食業関連でして
ご想像の通り、旅行客相手にも飲食業は
成立しますので

お店を開けていても問題は無いのですが
フランチャイズ系でないお店は、閉める
傾向にあるように感じます

考えられる理由としましては

ビジネスオーナーが移民が多く
  母国に帰省するケースが多い

サプライヤーである業者が休み
  を取って原材料の入荷が困難

そのビジネスの客層が明らかに
  地元の人(会社員・買い物客)
  だが周りの会社は休みで住人も
  地元に残らない

他にも色々考えられる理由は有りますが
これらのケースによって

実際ニュージーランドで最も賑わってる
と言われているオークランドのQueen St
であっても、ファーストフード店以外は
想像以上にお店がお休みしています

●ニュージーランドのお店の土日の営業は?

最後に少し、ニュージーランドのお店の
土日の営業事情について書いておきます

日本の繁華街のイメージでは、土日って
お店側からすると儲け時と言いますか

買い物にしても飲食にしても土日だけで
平日の5日分を稼いでいるようなお店も
沢山ありますよね 笑

ニュージーランド(オークランド)でも
ある面ではそういう部分が有るといえる
のですが

僕の体感としましては・・結構違います

この理由としては

国民性として、日本と比べると
  それほど買い物好きでは無い?

そもそも人口が少な過ぎて
  マーケットが小さい

都市、街によって客層がかなり
  違っている

この3つがあると思っています

つまり業種と街によりましては?土日に
お店をあける価値がそれほどない・・・
というケースが往々にして有るのです

なので、勿論あなたが訪れる街、行こう
としているお店にも依るのですが

「土日だから開いてるだろう!」と思う
のは危険な考えだと思いますので

目的のお店がもし決まってるのであれば
事前に確認しておく事をおすすめします

ちなみに、僕がニュージーランドに来て
一番日本との違いを感じたのは・・・

実はカフェの営業時間だったりします♪

まぁ勿論一概に言えませんが、日本だと
学校も終わった夕方から

会社員が仕事の後に立ち寄れる夜の8時
ぐらいまでカフェが開いてるのは普通!
という感覚だったんですが

ニュージーランドの場合お酒を扱わない
一般的なカフェは、たいていどんな街に
あるお店でも4時や5時には閉まります
(フランチャイズ系以外)

更に日曜日はもう少し早い時間に閉まる
お店も多かったり・・・

お国柄と言ってしまえばそれまでですが
やっぱり国が変わると違いますよね 笑

と言う事でここまでニュージーランドの
お店に関して色々紹介してきました

年末年始の事情としまして、一事が万事
開いてる、閉まってる、というわけでは
無いのですが

大雑把な印象としては、明らかに日本と
比べますと閉まってるお店が多いと感じ
ますので

もしニュージーランドにいらっしゃって
この期間に確実に街でのショッピングを
計画されてるようでしたら

あらかじめ狙いを定めておいて、事前に
聞いておく方が無難ですよね

まぁもしピンポイントで知りたい情報が
有るようでしたら・・・教えて頂けたら
可能な範囲でお答え致します

ともかく

ニュージーランドに来てしまった後から
お店が閉まっててがっかり~!!なんて
ことの無いように覚えといて下さいね☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする